コロナのたらい回し


朝一番、珈琲豆の香りを味わう。
(香りを味わえる日本語は素晴らしい。
ちなみにコーヒーより珈琲が好きだ)
新コロ騒ぎのお陰で幸せ度が上がった!

味覚も嗅覚もなくなっている
友人女性から相談を受けた。

実は1週間前からだるさと頭痛、
軽度の咳で相談されていた。

臨床症状から強く疑われる。
地元の町医者にも断れたそうだ。
PCR検査で診断するしかない。
本人に話を聴いても、らちがあかない
ので、彼女の区の保健所に電話した。

つながらない電話に何度もかけ、
ようやくつながるもたらい回し。
その度に自己紹介から始める。
区の中核病院「コロナ外来」を
紹介された。

「医師から直接検査依頼して下さい」
と。

直接病院にかけ、これまでの経過を話す。
もちろん紹介状は完成させている。
先方での話し合いの結果
「保健所から依頼してもらわないと
検査できません」


なんだったんだ、この時間は!
そして、なんのラリーだ!?

再度保健所に問いただすと
「自分らもよくわからない。
こんな相談ばかりなんです」

優先順位があり、濃厚接触があきらか
ではない彼女は後回しになる、らしい。

「患者さん死んだらどうすんの?」
「でも皆さん待ってるんで・・・」

逆ギレならぬ居直りだ。

逆に言うと、こんな杜撰なシステムで
これだけの死者しか出ていない

と言えなくもないが・・・
PCR検査数が増えないわけだ。

最初に検査を増やさない方針で
進んだら、そのままの硬直システムだ。

台東区は動いた。
検査が柔軟になった。
区議に働きかけたのも少しは効いたか?

少し遠いが、友人を当院に来させ、
レントゲンを撮り、検査に回す流れに
誘導した。

友人のような患者は自宅待機で
どんどん悪くなるかもしれない。
こんな悲惨な現状が新コロ医療を
疲弊させているのだ、と構造が見えた。

町の先生方!頑張りましょう!
なんとか断らないシステムを作って
患者さんを救いましょう!


感染制御の信頼を作り、患者さんの
不安解消に努める必要がある。
その努力は必ず将来の信用につながる。

地域の理解も必要だ。
「明日は我が身」
診てくれるところがないのは悲惨だ。

https://mainichi.jp/articles/20200408/k00/00m/040/334000c?fbclid=IwAR1tZSKJ4ZsomhmRSLZ9jTrsZEtuVpCJOKklGFIQQ2odkrmoyi-cOhtS21s

令和の医者坊主

「運動してはいけません」

千田さん(45歳男性)はある医師に
2年前そう忠告された。

レントゲンで異常があったそうだ。

その忠告をマジメに2年間守っていた…

今回当院で検診を受けた。
コレステロールが上がっていた。
千田さんは自己流で頑張った。

3ヶ月後、見事に数値は改善していた。

「すごい!どんな工夫したの?」
「運動しました」
「効果テキメンやね」
「もともと運動は好きなんです」
「ほう」

「医者に言われて止めてたんです」

胸部写真は現在全く問題なし。

運動制限の必要はあったのか?

とにかく千田さんは前医に対して
不信感を抱き、当院へ来た。
「運動の成果ですかね?」

千田さんは訊いてきた。

「運動を禁じた前医のお陰でしょ!」
そう答えた。

千田さんはずっと運動が好きだった。

医師に止められるまでは続けていた。

止めている期間があったからこそ、

運動の効能がわかったわけだ。

習慣を止めることで気づくことができた。
どんな過去も肯定しといた方がいい。
今が良いなら過去はすべて肯定だ。

すべては必要な経験だったのだ。

我ながらお坊さんのような説法だ。
ちなみに千田さんはお寺の住職である。