言葉にできない

栗山さんの妻は失語症が強い。
10年前の脳卒中の後遺症だ。
リハビリもあまり進まなかったらしい。

「周りが大変ですよ」
と嘆く栗山さん(78歳)。
栗山さんご本人も大病をしている。
15年前に心筋梗塞をやった。
心臓の血管に金属が入っている。
肺がんを切って13年経った。

「生き延びてますねえ」
「ええ、どうにかこうにかね」

いや、むしろ若返っている。
ふと思った。
(妻のおかげかも?)

妻は認知症ではない。
だから妻の脳内にイメージはある。
しかし、言葉にならない。
本人はもどかしくてイライラする。
夫は妻を慮(おもんぱか)る。
必死で読み取ろうとする。
さながらテレパシーの世界だ。
新たな能力が開発されたのでは?

オカルトになる前に止めておく。

身内が病を発症する。
日常の景色が一変する
変化した現状を受け入れるのは困難だ。
絶対に悪いことばかりではない。
使っていない脳がフル稼働する。
人生時間の厚みが増すかもしれない。
メリットも必ず存在する。
先に大病を患った夫。
妻の衝撃も相当なものだったはずだ。

妻が失語症。
夫は本気の「傾聴」をするしかない。
妻も思っているかもしれない。
失語症でよかった。
いらんこと吐かないですむ…

栄光の架け橋2

竹下さんがパラリンピックに挑戦するそうだ。
竹下さんはブログ登場回数最多だ。
理学療法士から提案されたそうだ。
ツッコミたい部分も少しあるが、イイと思う!
前回より明らかに良くなっている!
前回登場のブログは『栄光の架け橋』。
偶然だろうけど因縁を感じる…

7月に娘の結婚式がある。
新宿の外資系有名ホテルだ。
「今どき豪華ですねえ!」
「娘のだんながパティシエなのよ。
ずっと憧れてたんだって」
いつか働きたいそうだ。
その夢はきっと叶うだろう。
けた違いの授業料を払うのだから…

新宿までは電車で行かねばならない。
電動車椅子を乗せる乗用車がないからだ。
せっせと電車の練習をしているらしい。

女手ひとつで育ててきた一人娘の晴舞台。
一層リハビリが進むことは間違いない。
新郎に『栄光の架け橋』歌わせるか!

 

→これも怪我の功名?
→シャイは治らない?
→生涯の友との再会
→栄光の架け橋