聴診器はタクト?

色んな楽団(バンド)を経験した。
観てきたバンド、所属したバンド。

うまくいっているバンドは
例外なく全員が「指揮者」だ。
メンバー全員が俯瞰(ふかん)
できている。

俯瞰するためには、「関係」を
理解し、共有することが必要だ。
当たり前と思うが、簡単に
できるかどうかは知らん。
簡単と思わない方がいい。

所属する「楽団」はたくさんある。
家庭、地域、学校、職場、地域、
国家、国連…

医療という「楽団」に限定しても、
患者、スタッフ、出入り業者、薬局…
無限に存在する。

しっかりと「関係」という足場を
築けているか?
「効く」ときは、できている。
間違いない。

悪く言えば、
自分勝手なヤツが1人でもおったら
治るモンも治らん
なのだ。

診療指針という共通言語への
信頼の効能は強力だ。
であれば、先人への敬意は
絶対に忘れてはいけない。

2000年以上前に、ヒポクラテスは
有名な「誓い」の中で、
「この術を与えてくれたすべての
先人たちへの敬意を忘れない」
と述べている。

それは医療の現場だけではない。
教育の世界でも適用されるべきだ。
宗教業界だって政治業界だって。

一番最初の関係性は「親子」だ。
親の自覚を持っているか?
自問自答している日々だ。

要は、どの「関係」の中でどんな
「機能」を果たしているのか?

そこを起点に考えれば、自ずと
身につけるべき「スペック」が
決定されるのではないか。
時間をつぶしている暇はない。

美しい音楽だけが効く。
24時間365日、自分のテーマです。

自閉症は天才脳

言語化することで記憶が整理される。
言葉にできないと記憶は困難だ。
だから言葉以前の記憶は薄い。
脳神経学の教科書で見た知見だ。
ホンマか?

安藤公平君(36歳)は自閉症だ。
180㎝、100㎏とかなり大きい。
気管支喘息と糖尿病がある。
月一定期受診時、両親は付き添う。

彼の視線の先は独特だ。
診察室へ入るや否や、置時計に向かう。
少しずれているのが気に入らないのだ。
巨体が突進してくる!
当初ひるんだが、今は気にならない。
彼に攻撃性がないことをよく知っている。

公平君には発達遅滞がある。
しかし楽曲は一発で憶えるそうだ!

音楽に接するとき通常の記憶作業とは
違う部位を使っているから
とかどうとか…
解剖学的な説明は不毛な気がする。
言語化できないもの、触れられないもの。
メロディ、伴奏やリズム、音色。
それを記憶できる人間の能力はスゴイ!

古今東西人間は音楽と触れてきた。
そして時空を超えた普遍性が存在する。
「感動」を共有できるという普遍性を。

解剖学的脳より高次の機能の存在。
公平君を見てつくづく確信される。

ちなみに公平君に注射できるのは
原田医師だけだそうだ。
他では暴れてどうしようもないらしい。
脳より高次の機能で触れてくれているのだ
と勝手に思い込んでいる。