人の命がかかっているから


早い話が
正論は最強だ
ということだ。


東京はカフェが多い。
理由の一つは家賃が高いことだ。
狭い部屋にしか住めない。
カフェでくつろぎ、仕事をする。
今は家にいないといけない。

人の命がかかっているから・・・

趣味がアウトドアの人は多い。
患者さんには社交ダンスが
趣味の方が多いが、全部中止だ。
自宅でテレビを観るしかない。
仕方がない。

人の命がかかっているから・・・

世界的に飲酒量も増えているらしい。
運動不足と過飲で鬱は悪化する。
みな気の毒だが仕方がない。

人の命がかかっているから・・・

日当で暮らしている人は大変だ。
自営業者も気が気でないだろう。
今月の家賃が払えないかもしれない。
売上がないので貯金から出した
79歳のスナック経営者がいる。

仕方がない。
人の命がかかっているから・・・

自分のことを書く。

雇われ院長なので給料は保証されている。
もともとインドアなので生活は変化なし。
論文を書いたり、楽器を弾いたり。

食べるのも一日一食。
最近は昼食に出かけることが多い。
どこもガラガラで、「間」が気まずい。
店主を励まし、プチ医療をする。

家にはテレビがないので専ら読書三昧。
この土日で20冊以上読破した。

妻子は帰省している。
隔離に近い閑静な田舎から、悪名高い
東京に還る日はいつになるのやら。

なので自分の生活に不便はない。
規制を強いられる人々が気の毒だ。

医療的なことを書く。
発症している人でなければ
「3密」を避けることで十分。

都知事の「歯に衣を着せた」
物言いがすべてだ。

本当に若者の外出が問題なのか?
院内感染の制御こそが問題なのでは?
院内の状況は見えない。
外を歩く若者は見える。
だから攻撃対象になる。


それは「思考停止」に他ならない。
「ゼロリスク」の追求は気が狂う。
妄想と付き合うことになるからだ。


仕方がない。
人の命がかかっているから・・・

この「正論」には歯向かえない。

冷やし中華はじめました!

ビールが売れないそうだ。
野菜の値段も高騰している。
今年の梅雨は寒い日が続いたからだ。

地元に美味しい中華屋さんがある。
高級店ではなく、庶民派中華だ。
取材もよく受ける人気店だ。

店主一家と従業員は当院の患者さんだ。

先日ランチに訪れた。
梅雨の合間の比較的暑い日だった。
「冷やし中華お願いします」
「美味しいよう~」
店主にスイッチ入ったのが見てとれた。
「寒いから出てないんじゃない?」
「全然ダメ。野菜も高いし」

季節モノだ。飲食店は直撃を食らう。

天候に文句を言っても仕方がない。
地球のつながりを感じるべし。
インドではモンスーンの影響で
数百人の死者が出ている。

それに比べれば日本は全然マシだ。

通常と違う気候が続くと、やたらと
「地球温暖化」に結びつける人がいる。
冷夏だと若干表現が変わる。
「気候変動がすごいらしいね」
となる。
来たる8月は暑くなるそうだ。
「やっぱり地球温暖化のせいだね」

という言葉を今年も散々耳にするだろう。

やたらと不安を煽る言説を好まない。

商売人の餌食になるからだ。

「お待たせ!」
いつもより具沢山の冷やし中華だ。
確かに美味しい冷し中華だった。
念がこもっているのだろう。
いつもより少しスープが濃かった…

雨もエエもんです

早い話が
当たりすぎる天気予報も善し悪し
ということだ。

「明日雨らしいね」
飲食店や観光業の商売に響く。
ホテルのクロークは忙しくなるらしい。
袋を用意し、仕分けの手間が増える。
報酬と無関係だから嬉しくはない。

あるプロ野球のOBが言っていた。
プロ野球選手は皆、雨が好きらしい。
朝、雨の音が聞こえる。
「ラッキー!今日は試合中止だ!」
となるそうだ。
野球好きなんじゃないの?
延期するだけでしょ?
とどうしてもツッコミたくなる。
とりあえず目先の「楽」が欲しいのだ。
(ちなみにイチローは例外だった…)

極力天気予報は見ないようにしている。
行動が制約されるのがイヤだからだ。
皮膚感覚と出たとこ勝負!

それで行きたい(生きたい?)。

ある雨の日曜日。
家で4歳の娘と二人ランチをしていた。
「あとで公園行こうよ」と娘。
「アカンわ、今日雨やからなあ」
「雨ってイヤだね」
「その米は雨降らな食えへんで」
「何で?」
「いつもお花にお水かけてるやろ?
お米もお水がなかったら育てへん」
「じゃあ、水かけたらいいんじゃない?」
「その水もなあ、もともとは雨やねん」
「ふ~ん…」

何やら思索している様子だった。

後日妻に説明していた。
「このホウレンソウも雨がいるのよ」

夫婦でびっくりした。

賢い!
適当なこと言えんな…
娘の存在が家族関係を透明にしてくれる。
水のように…