自然治癒する方法

トースト に対する画像結果


新藤さんは79歳男性。
胃がんを7年前に発症。
膀胱がんを5年前に発症。

この度、某有名大学病院から
卒業証書を授与された。

「体重は全然増えないけどね」
病気前より10kg減ったまま。
術後グッと痩せた。
貧血で顔色も悪くなった。
周囲からも心配される。

新藤さんはマイペースを守った。
無理して食べることもない。
朝は分厚いトースト一枚。
酒量は赤くなるので減ったが、
毎日ウイスキーは飲む。

週に2度船釣りに出かける。
40年間マジメに続けている。

痩せたままだが、顔色は良くなり
「ニュー新藤」という感じだ。

新しい「ホメオスタシス」が
働いているのだろう。

(↓文末のサイト参照↓)

昔に戻ろうとすると無理が生じる。
自然体で新たな「自分」に変化する。
失くしたものはしゃあない。
その中で順応する。
人間もカメレオンなのだ

早朝からクーラーボックスを
担いで電車に乗って2時間!
昼過ぎに帰宅し魚をさばく。
家族と近隣も楽しみにしている。

「狩人じゃないですか!」
新藤さんの「野生」を称賛する。

新藤さんは言う。
「お魚に遊んでもらってる」

マジメに頑固に楽しむ。
好きなものを持っている人は強い。
そして治癒する。
これが真の「自然治癒」だ。
https://imcjapan.org/medicalcoaching/ちょこっとはみ出す?fbclid=IwAR2M6CNs-FeodRLorzM2ijjUOlCogs75rklH3r_VNURMSH3Dild0N3-z_Yk

ちょこっとはみ出す

Overflow に対する画像結果


早い話が
毎日ちょこっとはみ出そう
ということだ。


体温のように、一定に保とうとする
生理機能をホメオスタシスという。
病とはホメオスタシスの破綻だ。

昨日と同じ人生を送りたい。
それはホメオスタシスの
せいかもしれない。

しかし、「不変」は幻想だ。
アンチエイジング市場は盛況だ。
「蟻地獄」とは言い過ぎか。

「受け身」でいるから辛いのでは?
自覚的にちょこっとはみ出す。
はみ出し過ぎたら理解不能。
はみ出さなければ昨日と同じ。

毎日ちょこっとはみ出す。
イノベーション、クリエイティブ…
書店では大層な言葉が並ぶ。
「ちょこっとはみ出す」を毎日続ける。

大当たりにつながるかもしれない。
ホメオスタシスの幅が広がり、
寿命が延びるかもしれない。

Don’t stop. Move!

その場にとどまるためには
全力で走り続けなければならない
ルイスキャロル『鏡の国のアリス』

「どうですか?」
「変わりません」

そういう答えが多い。

全力で走り続けているようには到底見えない。
だから絶対に変化しているはずだ。

(毎回事細かく変化を伝えられても困るが…)

「同じことをしてても疲れるようになった」

有水さん(82歳)はそう言った。

ちゃう。
同じことをしているから疲れるのだ。
だって全力疾走しないといけないのだから!

自分の身体の微細な部分を観察する。
そういう人は滅多にいない。

感情に対しても同じ。

感情に無頓着だとしっぺ返しを食らう。

「うつ」になってからでは遅い。

生きているとは、
「内部環境が一定に保たれている」
ことだ。
そこには精神活動も含まれている。
その機能を「ホメオスタシス」という。

日本語で「恒常性維持機能」という。

「現状維持したい」というの考えは
本能からくるものなのだ。

生存確率を上げる期待から生まれる。

ところが、発達進化の面から見ると?
人間は移動運動に「快」を感じているらしい。
人間の身体は定住生活むきの構造をしていない。
足は構造的に前に進むように
作られている。
心も移動運動とともに発達したようだ!

矛盾が生まれる。
頭で不変を求め、身体は変化を求めている。
もしかしたらこの矛盾が病を生んでいるのでは?

定住したい、変わりたくない。
移動を止めるから病が発生するのでは?
この仮説が正しいとすれば…

間寛平は一気に権威となる。
「止まると死ぬんじゃ!」