酒は薬?クスリ?

加藤さんは90歳男性。
在宅診療をしている。
ケアマネから報告があった。
「最近また飲み始めてるんです」

3日前に転倒したらしい。
数ヶ月前にも転倒している。
それは、飲酒とは関係ない。
必死のリハビリで劇的に回復した。

リハビリ中は断酒していた。
最近お酒を復活したのだ。
午前中往診に行ったときも、
ビールを飲んでいた。


主治医はコップに注いであげる。
「おつきあいできなくてごめん」
血圧も下がり、上機嫌。
少し調子に乗りすぎたか…

ケアマネの前で、バツが悪そうに
している加藤さん。
ケアマネと師長に叱られている。

ウインクしながら、
「気をつけないと!」
と茶番を演じる主治医。

「まあ、70歳過ぎれば朝から
飲んでてもいいんだけどね」

と持論を展開し、ケアマネと
師長に睨みつけられる。

「怒られない程度に飲むように」
と曖昧な指示を出すと
「味方がいてよかった」
と喜ぶ加藤さん。

不思議と、立ち上がり方など
動作すべてのキレが上がっている。
シラフでも転ぶときは転ぶ。
飲酒してた分、軽症で済んだかも。
誰にもわからない。

加藤さんは事業でも成功している。
町会の功労者であり、長老だ。
残り人生を「多幸感」がカラフルに
してくれるなら飲酒も「あり」では?

ケアマネの目をしっかり見て、
「いつもありがとうございます」
感謝を言葉を告げた。

四角四面とも受け取られかねない
真面目なスタッフがいるからこそ
チョイ不良な医療ができる。
感謝あるのみ!

早死のススメ

増岡さんは86歳男性。
以前もブログに登場している。
https://imcjapan.org/medicalcoaching/chat2?fbclid=IwAR29eE9SSjpLIbHL72Exz1rAQnbATbya1EDPepNt_AL_oncvfMg49DM-Vdc

昼前、往診時に起き出す。
起きてリビングに座るや否や、
ビールを冷蔵庫から取り出す。
主治医がグラスにビールを注ぐ。

なんて幸せな患者さんだ

たちまち上機嫌になる。
妻の機嫌もよくなる。
少量のアルコールはドーパミンが出る。
ドーパミンは言わば「覚醒剤」だ。

歳を取ると、ドーパミンが少なくなる。
アルコールを利用すればいい。
酒は使い方次第だ。

逆に、若くして不健康な人には
断固として禁酒させる。
労働しなければならないからだ。
若い人の飲酒はおカネも時間も
もったいない。

飲酒年齢を20歳から、75歳に
引き上げるべきだ!

若者はナチュラルハイを目指せ!
酒造メーカーと酒税をあてに
している政府から殺されるかな…

高齢未亡人にも酒を勧めることがある。
夫の前では飲んでいなかった
という女性は少なくない。

酒を始めたお陰で安定剤や眠剤を
止められたケースも多い。

どうせほどほどにしか飲まない。

「酒でも飲めば?」
と提案すると
「その手があったか!」
という顔をされることも多い。

寿命が縮むしかも知れない?

ちょうど良いではないか!
(またお叱りを受けるだろう…)
寿命は誰にもわからない。
逆に延びるかもしれない。
なんせ「百薬の長」だしね。

冷やし中華はじめました!

ビールが売れないそうだ。
野菜の値段も高騰している。
今年の梅雨は寒い日が続いたからだ。

地元に美味しい中華屋さんがある。
高級店ではなく、庶民派中華だ。
取材もよく受ける人気店だ。

店主一家と従業員は当院の患者さんだ。

先日ランチに訪れた。
梅雨の合間の比較的暑い日だった。
「冷やし中華お願いします」
「美味しいよう~」
店主にスイッチ入ったのが見てとれた。
「寒いから出てないんじゃない?」
「全然ダメ。野菜も高いし」

季節モノだ。飲食店は直撃を食らう。

天候に文句を言っても仕方がない。
地球のつながりを感じるべし。
インドではモンスーンの影響で
数百人の死者が出ている。

それに比べれば日本は全然マシだ。

通常と違う気候が続くと、やたらと
「地球温暖化」に結びつける人がいる。
冷夏だと若干表現が変わる。
「気候変動がすごいらしいね」
となる。
来たる8月は暑くなるそうだ。
「やっぱり地球温暖化のせいだね」

という言葉を今年も散々耳にするだろう。

やたらと不安を煽る言説を好まない。

商売人の餌食になるからだ。

「お待たせ!」
いつもより具沢山の冷やし中華だ。
確かに美味しい冷し中華だった。
念がこもっているのだろう。
いつもより少しスープが濃かった…