早死のススメ

増岡さんは86歳男性。
以前もブログに登場している。
https://imcjapan.org/medicalcoaching/chat2?fbclid=IwAR29eE9SSjpLIbHL72Exz1rAQnbATbya1EDPepNt_AL_oncvfMg49DM-Vdc

昼前、往診時に起き出す。
起きてリビングに座るや否や、
ビールを冷蔵庫から取り出す。
主治医がグラスにビールを注ぐ。

なんて幸せな患者さんだ

たちまち上機嫌になる。
妻の機嫌もよくなる。
少量のアルコールはドーパミンが出る。
ドーパミンは言わば「覚醒剤」だ。

歳を取ると、ドーパミンが少なくなる。
アルコールを利用すればいい。
酒は使い方次第だ。

逆に、若くして不健康な人には
断固として禁酒させる。
労働しなければならないからだ。
若い人の飲酒はおカネも時間も
もったいない。

飲酒年齢を20歳から、75歳に
引き上げるべきだ!

若者はナチュラルハイを目指せ!
酒造メーカーと酒税をあてに
している政府から殺されるかな…

高齢未亡人にも酒を勧めることがある。
夫の前では飲んでいなかった
という女性は少なくない。

酒を始めたお陰で安定剤や眠剤を
止められたケースも多い。

どうせほどほどにしか飲まない。

「酒でも飲めば?」
と提案すると
「その手があったか!」
という顔をされることも多い。

寿命が縮むしかも知れない?

ちょうど良いではないか!
(またお叱りを受けるだろう…)
寿命は誰にもわからない。
逆に延びるかもしれない。
なんせ「百薬の長」だしね。

冷やし中華はじめました!

ビールが売れないそうだ。
野菜の値段も高騰している。
今年の梅雨は寒い日が続いたからだ。

地元に美味しい中華屋さんがある。
高級店ではなく、庶民派中華だ。
取材もよく受ける人気店だ。

店主一家と従業員は当院の患者さんだ。

先日ランチに訪れた。
梅雨の合間の比較的暑い日だった。
「冷やし中華お願いします」
「美味しいよう~」
店主にスイッチ入ったのが見てとれた。
「寒いから出てないんじゃない?」
「全然ダメ。野菜も高いし」

季節モノだ。飲食店は直撃を食らう。

天候に文句を言っても仕方がない。
地球のつながりを感じるべし。
インドではモンスーンの影響で
数百人の死者が出ている。

それに比べれば日本は全然マシだ。

通常と違う気候が続くと、やたらと
「地球温暖化」に結びつける人がいる。
冷夏だと若干表現が変わる。
「気候変動がすごいらしいね」
となる。
来たる8月は暑くなるそうだ。
「やっぱり地球温暖化のせいだね」

という言葉を今年も散々耳にするだろう。

やたらと不安を煽る言説を好まない。

商売人の餌食になるからだ。

「お待たせ!」
いつもより具沢山の冷やし中華だ。
確かに美味しい冷し中華だった。
念がこもっているのだろう。
いつもより少しスープが濃かった…

ちょい不良(ワル)ばあちゃん

白川さんは91歳の独居女性。
うちには高血圧でかかっている。

株式投資で稼ぎ、孫に小遣いをやる。

米中貿易摩擦に頭を悩ませている。

先日、自転車ですれ違った。
自宅から30分は離れた場所だ。

最低1時間は走っていることになる!

路上でつかまると話が長い。
亡夫は遊び人だったらしい。
「先生、浮気しちゃあダメよ!」

会話の最後はこれで締める。

今回の検診も百点満点だった。
「素晴らしいじゃない!」
「サプリがいいのよ」
「サプリ…?」
「そう。サプリ飲んでるのよ」
「何のサプリ?」
「知らないわよ。効くヤツよ!」
ちょっとムカッと来たので言った。
「診療所とか主治医とか。ないの?」
「え?ああ診療所?」
「サプリもいいんやろうけども
せめてサプリ9、診療所1とか!」
「そうそう。みんなに言ってやるよ!
私の先生イイのよ~って!」
不敵な笑みを浮かべて言っのだ。

こちらの手を両手で握りながら…

主治医を手玉に取る91歳。
カラオケが趣味でビールで晩酌。
独居高齢者の鏡だ。