ズバリ言うわよ!

「なんか元気が出ないんです」
83歳独居の柄崎文子さん。
近隣の人に支えられるように来院。

色々調べたが基本ヘルシーだ。
うつの初期かもしれない。
食欲もなく、当初体重は減り続けた。
「困ったら来て」

本当に毎週来院している…

初診から3か月経った。
先月頃から改善の兆しが見えた。
食欲も出てきた。
服装のお洒落度が増している。
「それ、好きな色やわあ」
よく見ると顔も非常に綺麗だ。
「美人はややこしいんですよ」

差別的にイジりもした。

体重も増えてきて元気になった。
と思っている矢先。
「何かカッタルイんです」

とこれまた典型的ではない訴え…

「眠れてる?」
「はい」
「寝てるときはカッタルくないのね?」
「はい」
「今は?」
「今は大丈夫です」
「カッタルイの忘れてたんでしょ?」
「はい」
「ヒマが原因。忙しくして下さい。

死ぬとき後悔しないように」

寝てるときは忘れる。
症状を忘れている瞬間がある。

忘れられるレベルの症状ということだ。
その程度でガタガタ言わない。

いつもの冷たい助言だ。

「先生は評判いいから」
取ってつけたようなホメ殺しをされた。
「それならもっと評判上げて下さい。
柄崎さんが元気になって愚痴がなくなる。
それは診療所のおかげと吹聴してよ」
と言いながら気づいた。

手強い患者さんこそチャンスだ!

診療を楽しもう!