聴診器はタクト?

色んな楽団(バンド)を経験した。
観てきたバンド、所属したバンド。

うまくいっているバンドは
例外なく全員が「指揮者」だ。
メンバー全員が俯瞰(ふかん)
できている。

俯瞰するためには、「関係」を
理解し、共有することが必要だ。
当たり前と思うが、簡単に
できるかどうかは知らん。
簡単と思わない方がいい。

所属する「楽団」はたくさんある。
家庭、地域、学校、職場、地域、
国家、国連…

医療という「楽団」に限定しても、
患者、スタッフ、出入り業者、薬局…
無限に存在する。

しっかりと「関係」という足場を
築けているか?
「効く」ときは、できている。
間違いない。

悪く言えば、
自分勝手なヤツが1人でもおったら
治るモンも治らん
なのだ。

診療指針という共通言語への
信頼の効能は強力だ。
であれば、先人への敬意は
絶対に忘れてはいけない。

2000年以上前に、ヒポクラテスは
有名な「誓い」の中で、
「この術を与えてくれたすべての
先人たちへの敬意を忘れない」
と述べている。

それは医療の現場だけではない。
教育の世界でも適用されるべきだ。
宗教業界だって政治業界だって。

一番最初の関係性は「親子」だ。
親の自覚を持っているか?
自問自答している日々だ。

要は、どの「関係」の中でどんな
「機能」を果たしているのか?

そこを起点に考えれば、自ずと
身につけるべき「スペック」が
決定されるのではないか。
時間をつぶしている暇はない。

美しい音楽だけが効く。
24時間365日、自分のテーマです。

口は災いの元

未曾有の台風らしい。

脅威となる極端な気象。
地球のつながりを感じる機会だ。

赤道に近い低緯度の高い海水温。
上昇気流が生じやすいことによる、
積乱雲の連続的発達、熱帯低気圧。

エネルギー保存の一形態だ。

今まさに被災された方にとっては
それどころじゃない。
損失が最小限になるよう
お祈り申し上げます。

数年におよぶ嘔吐と腹痛が改善した
和多田さん(76歳、男性)は言った。

「治すのは自分だよ。
先生にそう言われましたよね?」

言っていない…

「治すのは自分」「自分で治す」
あまり好きではない言葉だ。

「治るのは自分だ」なら
百歩譲ってOKとしよう。

「ぼくの身体じゃないからね」
患者さんに対してよく言う言葉だ。

病を治すのは他者だ。
自分を除くすべての存在だ。
食べ物も含め、関係者全員のお陰だ。

ヒポクラテスから綿々と続く知恵の集積。
それに携わった医師、患者、研究者。

そして家族や友人たち。
時代や地域性の運もある。

「自分で治す」の「自分」って誰?

もちろん医者を選ぶ、情報の取捨選択は
自分でやることかもしれない。
しかし、潜在的な存在は無限にある。
現に今、和多田さんは受診している。

最後に言った。
「和多田さんも他の人を治す材料なのよ。
壮大な人体実験の末、生き残った医療を
享受しているわけでしょ?」

患者さんの治癒で医師も成長する。
治癒は他者にも影響するから素晴らしいのだ。
自分は治る存在であり、かつ治す存在なのだ。

人体も自然の一部。
様々な因果が重なって存在している。
エネルギーのやり取りに過ぎないのだ。

突然壮大な説教をされた。
和多田さんも災難だった。