逃げるから怖くなる

季節の変わり目に頭がモヤモヤする。
岡田さんは84歳の女性。
めまいの一種と捉えている。

表情の硬さはさながら鉄仮面だ。
「笑った方がいいですよ」
対処法を提案した。

かなり前に仕入れた知見だ。

笑うから面白くなる。
面白いから笑うのではない。

逃げるから怖くなる、というのもある。
心理学用語で「アウトサイド・イン」
というそうだ。

もしかしたら表情を和らげると
モヤモヤがとれるかもしれない。
少なくとも緊張は取れるだろう。
有害な副作用は考えられない。
というわけで、笑顔を励行した。

「面白いことを想像するように」
岡田さんは困惑していた。
まあそう面白いこともないそうだ。
だからネタをプレゼントした。

最近、家族が明るく過ごせるように、
朝の挨拶するときスキップで登場する。
家庭で、陽気な父親をやっている。

という告白をした。
このネタは、岡田さんと義娘、
師長にも大いにウケた。

気を良くした主治医は調子に乗り、
スキップで部屋をあとにした。

しばらく岡田さんは、この絵で
思い出し笑いできるだろう。
サービス業を実践している。

雑談力の作り方

早い話が
もはや言葉がいらない二人でも
会話はあった方がいい
ということだ。

「最近鼻水が止まったんです」
佐藤さんは76歳の女性。

夫の認知症が進み、施設に入った。
いつも床で寝ていた佐藤さんは、
夫のベッドで寝るようになった。
途端に鼻水が止まった。

佐藤さんの家は古い家屋だ。
低い所にアレルギーの原因物質が
うようよしているのかもしれない。

「旦那に対するアレルギーでは?」
意地悪に訊いてみると、
「そうかもしれないですね」
と佐藤さんは笑いながら答えた。

施設では話し相手が少ない。
夫の認知症はどんどん進んでいる。
最近、自分の名前もあやしいらしい。

「話のネタがなくて困るんです」

以前、写真を持っていくよう助言した。
佐藤さんは忠実に守っている。
二人で旅行した写真を見ながら、
当時を思い出して会話するそうだ。

でも、すぐに話しが尽きてしまう。

「僕のこと憶えてくれてるかな?
会いたいって言っておいて下さい」
「今日は先生のとこに行く
って主人にも言ってあります」
とのこと。

診療のあと夫の所へ行く佐藤さん。
会話のネタを仕込んでおいた。
鼻水が止まったことを報告するよう
助言した。

「あなたがいなくなったお陰よ。
ありがとう」

って感謝を伝えるように、と。

少々ブラックかな…
感謝だからよし、としておこう。