禁煙供養

”喫煙はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)
の原因です。年間~人亡くなります”

赤坂の喫煙所で見つけたポスターだ。

このポスターは絶対に身体に悪い。

タバコの有害性が上昇する。

佐藤さん(60歳女性)は、昨年

同居していた兄を亡くした。

タバコと酒をこよなく愛する兄。
両親を早くに亡くした佐藤さん。
お兄さんが親代わりだったそうだ。

最愛の兄の死で悲嘆にくれていた。
しばらく眠れない日が続いた。

睡眠導入剤を処方してあげた。

半年ぶりに来院した佐藤さん。
「眠剤頑張って止めてます」

と誇らしげに言った。

「飲めばいいじゃん」
「認知症になりたくないし」
「何で?」
「誰も面倒みてくれないもん!」
「誰にも面倒かけないのなら、
認知症でもいいんじゃないの?」

「そっかあ!」

眠剤を飲まなくても眠れる。
だから、眠剤はいらない。
ヘトヘトになって眠りに落ちる。

だから、眠剤はいらない。

それで行こう、そう告げた。

人に迷惑?面倒をかける?
そんなことは動機にはならない。

そんな人は最初から薬を飲まない。

禁煙も続いているそうだ。
本人いわく「奇跡」だ。
供養の気持ちで禁煙を継続している。

素晴らしい。

「兄さんの分まで酒とタバコ
やってあげたら?」

つい天邪鬼をしてしまう。

さすがに
「そっかあ!」

とはならない…

身内の死は「有限」を教えてくれる。
残りの人生において、酒とタバコが

無駄だと思うなら止めればいい。

病気にならないため?
そんな消極的な理由は動機にならない。

そんな人は最初から吸わない。

新たな一歩を踏み出す。

そのために古い習慣を捨てるのだ。

兄の分まで今生を楽しもう!
後悔なきよう。

がん!?ガーン!

「5年生存率は44%です、だって。
あっさり言うのねえ、今は…」

原口さんは70歳になったばかり。
「揚げ物」大好き女子だ。
酒とタバコも止められない。
当院には、高血圧と高脂血症。
一応グッドコントロールだ。

GW中にお腹の不調で入院した。
紹介先では「胃腸炎」との診断。
食べ過ぎが原因と説明された…
この際、しっかり調べてもらって。
そう指示した。
なんやかんや検査をした。
結果、胆管がんが見つかった。
先日入院先から報告書がきた。
「あっちゃ~、マジか…」
原口さんは不定愁訴が多い心配性だ。

この病名を受け入れ、耐えられるか?

先日原口さんが久々に来院した。

杞憂だった。
開き直るタイプだった。
文字通り「腹を括って」いた。
スッキリした表情だった。

原口さんは冒頭の言葉を発した。

別件で見つかったラッキーなケース。

外科医からはそう説明されたそうだ。
別件かどうか厳密にはわからない。

人体はつながっているからだ。

手術日程もすんなり決まった。
経験豊富な名医が執刀することになった。
胆道系がんは特に「術者」が重要だ。
執刀数が多いほど信頼できる。
原口さんは非常に幸運だ。

5生率は、あくまで「現時点」での話だ。
5年前の5生率はもっと低い。
10年前なら絶望的な数字だ。
かつてがんは不治の病だったからだ。
がんが治る時代になりつつある。
医療は秒単位で進化している。
がん治療の未来は明るい。
原口さんの未来は明るい。
現段階で44%ということは、
実質五分五分以上の確率だ。

そんな話をした。

「タバコは?」
「さすがに止めたわよ」
「酒は?」
「飲む気しないわよ」
「OK!完治したら祝杯しましょ」

一緒に酒を止めてあげることにした。
5年後解禁、あっという間だ。

愛情のかけすぎにご用心

バアバん家の卵かけご飯の方が美味しい

しかし喉元過ぎれば…

受診した妻からの情報だ。
酒もタバコも始まった。

どちらも前ほどではないらしいが。

「もういいんじゃない?」

主治医は海上さんの不死身に期待だ。

妻の悩みは海上さんの「塩分」だ。
とにかく醤油をかけまくるそうだ。
「味ついてるよ」
と言ってもかける。
夫の好みに合わせ、味付けも濃い。
食べもせずにかける。

苺にも砂糖をかけまくる。

「醤油と砂糖舐めてればいいじゃん」
主治医は匙を投げて言い放った。
滲み込むものでなければダメだそうだ。

コンニャクはダメで、チクワはOK。

一般的に関東は比較的味が濃い。
若い人の意識はかなり変化してきた。
海上さんには結婚した子供が2人いる。

2人とも家庭の味は薄いそうだ。

たまに孫が遊びに来る。
卵かけご飯を出してやる。

すると孫は冒頭の言葉を発した。

使っている卵は同じ契約農家らしい。
味の決め手?
醤油の量らしい!

たっぷりかけるのがポイントだ。

まあ「たまに」ならいいのでは。
ジジババは愛情も味も濃い
ということで…