黙ってやれ!

著者は妻の知人の娘さんだ。
優秀なだけでなく、人格的にも
素晴らしいらしい。

日本の受験勝者とは一線を画する。
参考になる面がいくつかあった。

著者は自身の最大の強みは
「淡々と頑張れること」
と言っている。

著書の中でも「頑張る」「努力」
という言葉がしばしば登場する。
一般に認識されている概念とは

異質のもののようだ。

「苦痛」や「嫌い」が感じられない。

某社でセミナー講師をする機会があった。
快適領域の話になった。
(下線をクリックして下さい。)

快適領域でしか人は力を発揮できない。
いわゆる「努力」「頑張る」では
不快領域に入るので能率が上がらない。
むしろ逆向きのモチベーションがかかる。
だから嫌なことはしてはいけない。

そんないつもの話をした。

「そうは言っても、嫌なことでも
しないといけないときどうするか?」

いつもの質問がきた。

答えは

「默まってやれ」
だ。

いちいち不満の感情に付き合うな。

(本当はやりたくないんだけど…)
が、心に現れた瞬間、能率が下がる

どころか健康も害する。

淡々とやれ、粛々とやれ、だ。
もはや歯を磨くのに理屈をこねない。

でしょ?

渡世の義理で避けられない問題はある。
「嫌だから」という理由でそれを
避けて通れば、社会的存在ではない。
いちいち感情を介さずやるしかない。

「達人」と呼ばれる人は概して、
「ルーチン化」している作業が多い。
呼吸の如く、ルーチンをこなす。

淡々とやる。粛々とやる。

人生時間は皆同様に有限である。
時間を濃く使わなければ勿体ない。

酒席は社会的には必要かもしれない。
わけがわからなくなるほどの深酒は
無駄遣いだということだ。

頭が割れるように痛い

「最近頭痛があるんです」

今村さん(60歳、女性)は訴えた。

もともと健康な女性だ。
身体所見は全く問題なし。

自覚としての頭痛があるだけ。

経験上、心配いらない頭痛だ。

「秋頃まで様子みましょう」

提案に対し、今村さんは訊いてきた。

「MRI検査しなくていいですか?」

悩ましい質問だ。
はっきり言って必要ない。

少なくとも今回の頭痛に関しては。

但し今回の頭痛と関係ない病気が
見つかる可能性はわからない。

脳腫瘍、動脈瘤、小さな梗塞…

「ヤブヘビ」というやつだ。

今回見つけるべきものではない。

これは検査全般に言えることだ。
検査は常に好ましいわけではない。

検査に治療効果はないのだから。

早期発見が目的なら毎年検査を
受ける必要がある。
それはそれで意味はあるだろうが、

別の話だ。

結局、様子を見ることになった。
なんだかんだ話しているうちに

今村さんの頭痛は消えていた。

まあそんなもんだ。

「ところで息子どう?」

以前、息子も頭痛で通院していた。

「会社辞めて頭痛治りました」

「よかったねえ」

今村さんは苦笑いしながら、

「ニートよ。それが頭痛の種かも…」

消えていた今村さんの頭痛が

復活した。

まあそんなもんだ。

とにかく検査は延期してよかった。
頭痛の種が増えなくてよかった。

令和の医者坊主

「運動してはいけません」

千田さん(45歳男性)はある医師に
2年前そう忠告された。

レントゲンで異常があったそうだ。

その忠告をマジメに2年間守っていた…

今回当院で検診を受けた。
コレステロールが上がっていた。
千田さんは自己流で頑張った。

3ヶ月後、見事に数値は改善していた。

「すごい!どんな工夫したの?」
「運動しました」
「効果テキメンやね」
「もともと運動は好きなんです」
「ほう」

「医者に言われて止めてたんです」

胸部写真は現在全く問題なし。

運動制限の必要はあったのか?

とにかく千田さんは前医に対して
不信感を抱き、当院へ来た。
「運動の成果ですかね?」

千田さんは訊いてきた。

「運動を禁じた前医のお陰でしょ!」
そう答えた。

千田さんはずっと運動が好きだった。

医師に止められるまでは続けていた。

止めている期間があったからこそ、

運動の効能がわかったわけだ。

習慣を止めることで気づくことができた。
どんな過去も肯定しといた方がいい。
今が良いなら過去はすべて肯定だ。

すべては必要な経験だったのだ。

我ながらお坊さんのような説法だ。
ちなみに千田さんはお寺の住職である。