自然治癒する方法

トースト に対する画像結果


新藤さんは79歳男性。
胃がんを7年前に発症。
膀胱がんを5年前に発症。

この度、某有名大学病院から
卒業証書を授与された。

「体重は全然増えないけどね」
病気前より10kg減ったまま。
術後グッと痩せた。
貧血で顔色も悪くなった。
周囲からも心配される。

新藤さんはマイペースを守った。
無理して食べることもない。
朝は分厚いトースト一枚。
酒量は赤くなるので減ったが、
毎日ウイスキーは飲む。

週に2度船釣りに出かける。
40年間マジメに続けている。

痩せたままだが、顔色は良くなり
「ニュー新藤」という感じだ。

新しい「ホメオスタシス」が
働いているのだろう。

(↓文末のサイト参照↓)

昔に戻ろうとすると無理が生じる。
自然体で新たな「自分」に変化する。
失くしたものはしゃあない。
その中で順応する。
人間もカメレオンなのだ

早朝からクーラーボックスを
担いで電車に乗って2時間!
昼過ぎに帰宅し魚をさばく。
家族と近隣も楽しみにしている。

「狩人じゃないですか!」
新藤さんの「野生」を称賛する。

新藤さんは言う。
「お魚に遊んでもらってる」

マジメに頑固に楽しむ。
好きなものを持っている人は強い。
そして治癒する。
これが真の「自然治癒」だ。
https://imcjapan.org/medicalcoaching/ちょこっとはみ出す?fbclid=IwAR2M6CNs-FeodRLorzM2ijjUOlCogs75rklH3r_VNURMSH3Dild0N3-z_Yk

病を水に流せるか?

利き手でない左手の機能向上に
努めている。
左手をもっと繊細にしたい。
まあ主に楽器演奏が目的だが…

石川さんは79歳の男性。
趣味は渓流釣り、麻雀、水墨画
晩酌も毎日する。

若い頃は会社を経営していた。
イケイケだったそうだ。
徹夜麻雀を3日続けたこともある。
毎日ウイスキーはボトル1本。

本人いわく
「滅茶苦茶してましたよ」

そんな生活が影響したのか。
50代のときに脳卒中を発症した。
右半身の麻痺は今も強く残っている。

バリバリやっていた人ほど
自暴自棄になる。
しかし、石川さんは逆だった。
「まあしゃあない」
と開き直った。

クヨクヨする、という言葉は
石川さんの辞書にはない。

渓流釣りは奥さんが同行し、
餌つけ係を担当している。
最初は虫が苦手だった奥さん。
今は、ミミズもゴカイも楽勝だ。

「卒中やったお陰でむしろ、
前より色々やってません?」
「そうかもしれませんね」
ガハハと笑う石井さん。

済んだことは忘れる。
病も水に流す。
はい次、はい次。
川の流れのように…

へこたれない患者さんから
学ぶことは無限だ。