噛みつくミッキーマウス?

洒落たテラス席で妻と蕎麦を食べていた。
突然、顔色が変わりフリーズする妻。

妻の視線の先をおそるおそる追う。
そこにはミッキーマウスのモデルがいた。
路上を素早く走っていた。
妻は現物を見るのは初めてだったそうだ。
それも衝撃の告白だったが。
久しぶりで、自分も免疫が落ちている。
気を取り直して、妻に助言した。
「ネズミの方が人間をビビっているよ。
人間の方がよっぽど残酷なんやから」
妻はこう言い返した。
「でも個体差はあるんじゃないかな。
人間でも組織内で暴れる人がいるでしょ」
ハッとある映画を思い出した。
『スカーフェイス』の主人公
アントニオ(トニー)・モンタナだ。
トニーはギャング組織で下克上しまくる。
アル・パチーノの快演が伝説的な作品だ。

確かにおるかも…

ネズミに中指を噛まれた患者さんが来た。
一週間と経たないうちに…
ウソのような本当の話だ。
妻は「せやろ!」と誇らしげだった。
犬や猫に噛まれる人は結構診ている。
ネズミは初めてかもしれない。
ネズミ捕りに下半身が引っ掛かっていた。
ネズミ捕りを動かしたときにガブリ!
上半身を捻り、噛みついたそうだ。
「死」がそこまで迫っているのだ。
そりゃあネズミも必死だろう。
まさに「窮鼠(きゅうそ)」だ。
人間のオッサンに噛みついたのだ!
ネズミ界のアル・パチーノだ!

ネズミにとって猫と人間どっちが怖いか?
多分人間の方が怖いはずだ。
しかし、人間は動物に勝てるのか?
動物は人間に殺処分にされることもある。
「捨て身」でかかってこられたら?
正直絶対に勝てるとは言えない気がする。
平和と安全が当たり前だと思っている。
ヤワになっていることは間違いない…

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植