水分不足恐怖症こそ病気かも?

日本は水が足りなりらしい。
自覚している人は少ないかもしれない。
食糧自給率が低いことは知っていると思う。
その食糧を育てるために必要な水分量を考えたら?
全く持ってこの国の水分では足りないそうだ。

昨日親友がプールをプレゼントしてくれた。
娘のために。
ベランダで水遊びができるように。
楽しすぎる。ありがたいプレゼントだ。
水を溜めるのがどれほど大変か知った。
そして子供以上に浮力を楽しませていただいた。

ところで、メディアは暑さに水分補給!とことあるごとに流す。
ホンマ?
部活では水はいつも禁止された。
熱中症で運ばれたヤツはいなかった。
おじいさんは山へ芝刈りに行くときにペットボトルは持って行ってない。

確かに年齢を重ねると暑さ寒さの感覚があやしくなる。
水分補給の助言や介入は要だ。
若い人は?
身体に聴こうや!
人間の身体は緩衝材が豊富だ。そいつらをサボらせるとまずい。
乏しくなることこそ、まずいからあえて提言する。
水分不足恐怖症こそ病気かもしれない。
デンプンから水を作れる自分の身体を誇らしく思おう。

 

日本メディカルコーチング研究所
よろず相談所 One Love
所長: 原田文植

 

ベルメゾンネット

アウトドア&フィッシング ナチュラム