忘れられない患者さん

往診していた水村さんは当時98歳。
忘れられない患者さんの一人だ。
家と外の境界のない猫と同居していた。

水村さん家には食糧が潤沢にあった。
ご近所が心配して常に色々と持ってくる。
大体レトルトだ。水村さんは食べない…
米や野菜もいつも十分にある。
近隣から貰っている感じではなかった。

田舎から送ってくるそうだ。

戦時中、水村さんは千葉県に疎開していた。
水村さんは米や野菜を行商していた。
世話になって申し訳ないとの思いから。
千葉から東京まで暑い中歩いて…
アッパレ!としか言いようがない。

農家の家族はとてもとても感謝した。
戦争が終わり、水村さんも東京に帰った。
ずっと水村さんに野菜や米を送り続けた。
それが続いているのだ。
何と孫の代まで!!
この家族もアッパレだ!

ある日、水村さん家のネコがいなくなった。
水村さんは悲しんでいる様子もなかった。
数日後、水村さんも帰らぬ人となった。
6年前のお盆明けだった。
1913年生まれだから生きてたら105歳。
心の大きなおばあちゃんだった。

忘れられない患者さんだ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!