縁(よ)りて起こる

おばあちゃんの棺が川で流された。
皆で力を尽くしようやく救出した。
無事を確認するために蓋を開けた。
おばあちゃんがいない!
どこに行ったんだ?
蓋についてた。

という小噺がある。

23時、ちょっと遅めのランニングをした。
いつもと違う道を通る。
「たこ焼き」という赤提灯を見つけた。
4時までやっているバーだった。
興味がそそられ、翌日家族で行った。
カウンターで飲んでいるお客が二人。
一卓しかないテーブルに座った。
期待のたこ焼きがきた。すこぶる美味い!
味覚は人それぞれだ。好みの味だ!
妻も子供も大喜び。
追加注文もして計4皿ペロリと平らげた。
店主は30代前半か。真面目そうだ。
店主に訊いた。
「お兄さん出身どこ?」
「大阪です」
「大阪のどこ?」
「生野区です」
「生野区のどこ?」
「北巽です」
「オレ小路やん」
「ぼく小路幼稚園出身です!」
「オレも小路幼稚園やん!」
「美智子先生にお世話になりました」

美智子先生は副園長先生だ。
兄弟姉妹4人で通った幼稚園。
美智子先生には大変お世話になった。
店主の彼は一回り以上下の32歳だった。

世間は実にせまい。
こんなことは実はしょっちゅうある。
無数の「ご縁」に守られて生きている。
ええ加減に生きたらアカンとしみじみ。

たこ焼きをテイクアウトした。
8個入りのはずが7個しかない。
「兄ちゃん間違いよったな」
よく見ると1個蓋についてた。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★この本が、あなたを変える!