順番という呪縛

山口さん(仮名、51歳、女性)はこれまでに健診を受けたことがない。
理由は異様に注射が怖い。採血を受けられないそうだ。
子供の頃のトラウマによるものらしい。

山口さんの旧姓は有田。
小学生の頃、出席番号が1番だったそうだ。
だから注射を受ける順番は常にトップバッター。
後ろで泣いている子を背に注射を受け続けたそうだ。

確かにトップバッターの振舞いは重要だ。
大学院時代に小学校で予防接種を行うバイトがあった。
先頭が大騒ぎするととんでもないことになる。
なので口八丁手八丁、色んな技を駆使して
「全然痛くなかったわ」
という言葉を引き出す工夫をしたものだ。

背が低くて「前へならえ」の経験がない人。
出席番号が1番だった人。
幼少期の経験は「人格形成」にも影響を与えうるだろうか?
「原田」で「中ぐらいの身長」だった自分には未体験だ。

山口さんは散々だんなの愚痴を言っていた。
「合わない」そうだ。
仕事も一緒にしているので、額面通りにはもちろん受け取れない。
「有田」と「山口」では出席番号が遠すぎる。
それも原因の一つになっているかもしれない。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する