猛暑の影響

「最近プールに行けてないんだよね」

散髪屋の保住さんはかなり増量していた。

多くの生活習慣病を抱える保住さん。
運動療法は必須だし、効いていた。
「何で?サボってるの?」
単刀直入に訊いてみた。
「暑いから」との返答。
「はあ、何それ?」
詳しく事情を聴くとこうだ。

 

暑すぎてお客さんの動きが遅い。
つまり、夕方になってからしか来ない。
店じまいの頃にはプールも閉店している。

診療所でも同じ現象が起こっている。
受付終了間際に集中する。
みんな考えることは同じだ。
空いていると見込んで早めに来る。
逆張りする強者の患者さんもいる。
結局コンスタントに混むことになる。

当然閉院も遅くなる。
間際まで受診するか否か悩む人もいる。
そういう人が駆け込みで受診する。
これが要注意!
重症が隠れているケースがある。
医療従事者も疲労してきている。
次の予定が気になる日もある。
診療がおろそかになる。
「見落とし」が出やすい時間帯なのだ。

帰宅後症状が悪化してしまうと、
救急病院でしか対応するしかなくなる。
大事になってしまうわけだ。

今年の「猛暑」は凄かった。
他にも予想外の影響を出したはずだ。
緊張が薄れた黄昏時は事故が多い。
医療事故も起こりやすい。

 

なるべく早く来てね。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植