孫のフリ見て我がフリ治せ

早い話が、みな喜び方が足りない!

大川さん(68歳)は不機嫌だ。
いつも難しい顔をしている。
大変美人な女性だ。
持病はコレステロールが高いだけ。
自称「まだ更年期が続いている」だ。

提案してみた。
「もうちょっと喜べば?」

概して、みな喜び方が足りない。
喜怒哀楽の感情でいえば、
「喜」と「楽」が少なすぎる。
もっと感情をしっかり出そう!
それに対して
「怒」と「哀」は十二分に出す。

武士のカルチャーなのか?
人前で喜ぶのが苦手な人が多い。
確かに「負」の感情は記憶に残りやすい。
危機回避のための本能なのだろう。
しかし、である。
世の中は「悲哀」に満ちている。
謝罪を求める光景だらけだ。
「怒り」の材料を探しているかの如く。
そっちにばっかり心を動かしていたら?
心身ともにもたない。
危機回避のはずだった能力が
危機製造力になってしまう。

大川さんは孫に
「ばあば、顔が怖いよ」
と指摘されたらしい。

いつも反省するそうだ。

孫は屈託なく喜んでいる。
孫のフリみて我がフリ治せ、だ。
(フリの使用法が違うが…)

嬉しいときも犬のウンコ踏んだときも
ソファの上で飛び跳ね万歳して喜ぶように
と大川さんに宿題を与えた。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★この本が、あなたを変える!