ダイエットがうまくいかない理由

「今更ダイエットいらねえだろ」

佐藤さん(75歳)は夫にそう言われた。
高脂血症のクスリを飲んでいる。
糖尿病は軽度ゆえ、投薬していない。
今回のデータが少々悪かった。
生活習慣を見直してほしい。

「甘いモノがいけないのよね」
言うのはたやすい。
みんな理屈はわかっている。
しかし大抵3日ももたない。

継続できいのはなぜか?

人間が”社会的動物”だからだ。
個人の規律より組織の規律。

佐藤さんが独居なら大丈夫だ。
なぜなら、佐藤さんは真面目だから。
実はその真面目さがアダになっている。
組織の中でもしっかり役割を担う。
佐藤さんは夫と娘に給仕している。
夫と娘の好むものを美味しく作る。
そして、同じようにたくさん食べる。

おやつを食べないでいると冒頭の
言葉を夫に投げられたらしい。

ちなみに夫も糖尿病だ…

病はある種 ”快適領域” だ。
だから習慣が病を作るのだ。
習慣とは行動であり、クセである。
社会的動物である人間は属性がある。
所属組織それぞれの快適領域がある。
家族であったり、会社であったり…
その中で快適な振舞いをする。

夫と娘を口説くしかない。
愛しのオカアチャンが死なないように。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!