体調不良の原因は?

「ようやく涼しくなりましたね」
「おかげさまで!」

変な会話だ。たまにある。
型でしゃべってしまっているのだろう。
気をつけたいところだ。

ところで人間は「共感する動物」だ。
猛暑だと自宅で過ごす時間が増える。
自宅にこもっているとテレビを見る。
今年は猛暑と自然災害の夏だった。
テレビで被災地が何度もリピートされる。
すると共感する神経が発動する。
「身につまされる」というやつだ。
体調不良となる。
実際、少しタイムラグはあるが、原因が
はっきりしない不調の患者さんが増える。

鎌倉時代の紛争は水害と関係があった。
そんな仮説が発表された。
江戸時代にも同様のことがあったらしい。
年輪で当時の気候を推定する技術がある。
酸素の同位体を利用するのだが、専門的
なので詳細は割愛する。
歴史的事実と相関する気候が認められる。
水害があると収穫が減る。
地域紛争の激化につながる。
そういう因果が推測されているようだ。

現代の日本に飢餓は存在しない。
自然災害があっても翌日には大抵食える。
情報による二次災害は想定外だったはず。
現代ほどの大量の情報は人類初体験だ。
共感できる能力が自分の首を絞める。
「情報の洪水」にも避難訓練が必要だ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!