笑いのツボ

早い話が「好き」に勝るものはない!

武下さんは当院へ通い始めて4年になる。
イマイチつかみどころがない。
非常にクソマジメなのだ。
酒もタバコもやらないし、スリムだ。
こんなにマジメな人がなぜ心筋梗塞に?

当院に紹介されたとき武下さんは64歳。
既にクスリを何種類も処方されていた。
クスリを減らそうと何度も試みた。
すぐに数値は悪化し、血圧も上がる。
なので初診の頃と処方はほぼ同じだ。

初診のとき、
(年齢に比して若い人だな)
という印象を受けた。
それは実は入れ歯のせいだった。
入れ歯がはずれそうになり、年齢が出た。

武下さんは外来で笑うこともあまりない。
表情が固い。
4年も通院しているのにこの固さ・・・
このままでは沽券に関わってしまう。
笑える外来を標榜している身としては!笑

本日武下さんは受診した。
いつも通り静かに展開していった。
雑談も笑いもないまま・・・
意図するところもなく何気なく
「武下さんは甘いモノって好きですか?」
と訊いてみた。
初めて表情が変わった。
「どちらかと言えば好きですね」
といいながらニコ~

ここか!

「和菓子ですか?洋菓子ですか?」

和菓子だった。
そこから怒涛の如く店の紹介が始まった。
餡子ものはどこそこ。饅頭はどこそこ。
台東区を隈なく紹介してくれた。
両国、人形町から西は麻布十番まで!

終始満面の笑みだった。
心筋梗塞も入れ歯もこれだったのか!

今は甘いモノはかなり制限している。
現在の処方で数値はすこぶるイイ。
「好き」をを大切にしてあげたい。
死にそうな大病を乗り越えたのだから。

「適当に食っていいですよ!」
あま~い主治医の大らかな医療でした。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!