時間よ止まれ

90歳舞山さんの部屋には時計が4つあった。
カレンダーも4部あった。
広さはせいぜい6畳程度。
部屋では常にNHKがついている。
そこにも時刻が表示されている。
どこに目を送っても時刻と予定が見える。
舞山さんは、ほとんど外出しない。
デイサービスの送迎以外では。
正確な時刻は必要なのだろうか?

うちの家には固定時計がない。
カレンダーもない。
ついでにテレビもない…

必要なら携帯で確認できる時代だ。
何より大体感覚で何とかなってきた。
厳密な時刻を知る必要は限られている。

スケジュールが常に目に入るのもイヤだ。
「義務」に変化するからだ。
したかった予定であっても…

医師は死亡確認という重要な仕事がある。
腕時計は必須だ(最近は携帯やスマホで
確認する医師もいるそうだが…)。
自宅では腕時計も外している。

「時を忘れる」生き方をしたい。
時刻にあまり良い思い出がない。
「もうこんな時間か!」はとても寂しい。
「別れ」のイメージを抱いてしまう。

「朝」と「夜」だけで良いのではないか。
もちろん他人に迷惑をかけてはいけない。
そうだ!敏腕秘書を雇うことにしよう。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!