まだ肩こってんの?

堀本さんの肩こりはひどかった。

「性格が悪いからですよ」
当然「ひどい」と言われる。
そう言いつつ、80歳の女性の顔は緩む。

だってストレスでイライラするでしょ?
そう言うや否や、顔をしかめ出した。
「それそれ。顔に責任はないよ」

なぜイライラしたら顔をしかめるのか?
顔をしかめたってイライラは治らない。
顔面の筋肉をむやみに緊張させる。
当然、首やその他の部位も力む。

イヤなことを思い出し、また力む。
一日に一体何度身体を強直させるのか。
興奮を発生させるのは簡単だ。
自律神経の機能がそうなっているから。

闘争状態や逃走状態はすぐに作れる。
いつ動物に襲われるかわからない。
その時代の名残だ。
ちなみに「手に汗をかく」という現象。
これは逃走時のすべり止めの名残だ。

一旦興奮すると簡単には戻れない。
時間がかかる。これも解剖学的事実だ。

今はそんな時代か?
動物に襲われることも飢餓もほぼない。
手のすべり止めも必要ない。
身体はいつまで経っても「旧式」だ。

必要なのは「緩める」能力だ。
だから「癒し」や「瞑想」が売れるのだ。
いつの時代も商売人は目ざとい。

実はお金をかける必要はない。
笑えばいいだけだ。
笑えば緩む。笑えるのは多分人間だけだ。

だから
「性格が悪いからですよ」
が効くのだ。
堀本さんは上機嫌で診療室を出た。
もっとみんな笑えばいい。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植