友人を亡くす悲しみ

山登りが好きな田丸さんは85歳男性。
同級生が亡くなり相当落ち込んでいた。
立ち直れないほどショックを受けている。
「そんなに親しかったのですか」
と訊いてみた。
幼稚園から高校まで同窓だったらしい。
親友だった。本当に悲しい。
「しょっちゅう会っていたんですね」

6年連絡を取っていなかったらしい。
なにそれ?

「だったらまだ生きてることにすれば?
来年会えるかもよ。いろんな意味で」
そこそこ不謹慎なことを言ってしまった。

今日も明日も会う予定の友人が死んだ。
それは辛いと思う。
日常が変わるのだから。
6年も会っていないのだ。
さらに6年会わない可能性もあったのだ。

そのとき田丸さんも友人も91歳。
統計的生存率はメチャクチャ下がる。
6年間連絡を取っていなかった。
心の中だけで友人を生かせていたのだ。
じゃあこれからも心の中で生かせばいい。
「いなくなった。もう会えない」
と悲しむ時間ももったいないのでは?
と言うと、また冷酷だと言われるか。
もちろん悲しむのが趣味ならどうぞ、だ。

心の中だけで会うのは物足りない。
そう思うなら、即行動。
会えるうちにさっさと会いましょう。
登山できる足を持っているならなおさら。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!