社会的アレルギーでは?

咳くらいもう少し大らかにさせてやれ!

イラストのように無遠慮にどデカい咳を
する人は論外だが…

風邪が流行っている。
マスクをしている人もよく見かける。
最近は割と年ガラ年中だが…

風邪はよくなった。
だけど咳だけが長引くというケース。
少なくない。
いや、以前と比して増えている。
「咳喘息」という病名も新しくできた。
「気管支喘息」とは別物だ。
アレルギーなので吸入ステロイドが効く。
とされている。まあ実際効くのだが。

咳は免疫反応の一種だ。
肺にバイキンを入らせないため。
肺は無菌状態、アンタッチャブルだ。
だから音速なみの風を吹かせて守る。
咳をするお陰で肺炎を予防できているのだ。

咳する人に世間の目は冷たい。
ここまでマスクが普及したのはたしか、
新型インフルエンザが流行った頃からだ。

うつされたくないのはわからなくない。
あまりに露骨な顔すんなよ!
電車の車内で叫びたくなることがある。
こちとら咳だらけの環境で働いている。
まあ自分で選んだ仕事なわけだが…

咳している人を排除しようとする。
バイキンを侵入させない機序と同じだ。
体内で起こっていることも社会も同じ。
だから咳が遷延するのかもしれない。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!