姉妹愛

もっとも貧しいことは孤独です
マザーテレサ

清水さん(77歳)は世話好きだ。
夫と息子を亡くし、15年になる。
生活習慣病で当院にかかっている。
町会の仕事もマメに手伝う。
独居老人にご飯を作ってあげる。
オレオレ詐欺に引っかかる…

断り切れない性格なのだろう。

いつも近所に住む妹に叱られている。
妹は真面目で厳格なタイプだ。
何事にもキッチリしないと気が済まない。
運動が必要な姉を散歩に連れて行く。
昼と夜の2回、1時間ずつ散歩している!
自分は絶対に医者にかかりたくない。
そういう信念の持ち主だそうだ。

「妹さんスゴイね。友達いるの?」
清水さんは首を横に振り
「いません。私の友人とはたまに遊ぶ。
そこに参加しといて私にいつも怒るの。
どこにでも顔出して優柔不断だって」

否が応でも年を重ねる。
下町の人間関係を大切にしている
清水さんの方が断然有利だと思う。
一回り上の姉が先立つ可能性は高い。
妹を無理に参加させているのかもしれない。
妹が孤独に苦しまないように。
清水さんなら、それも不思議ではない。

日本メディカルコーチング研究所
所長:原田文植