令和時代の生き残りかた

「物忘れの薬か注射ない?」
真木さん(92歳)は訊いてきた。

「あるよ。ただし非合法やけどね。
”ヒロポン”てゆうクスリ」

もちろん真木さんに叱られる…

「早くお迎え来ないかな」
「早くあの子の所に行きたい」
が真木さんの口ぐせだ。
6年前に娘を亡くした。
それ以来ずっとこぼしている。
独居になったがなかなかシブトイ。
「向こうでも世話させられるの
勘弁願いたいのとちゃいます?」
真木さんはムスッとする。

過去のことはよく思い出す。
それは高齢者に共通する。
だから過去のことばっかり考える。
だから「今」のことを憶えられないのだ。

過去のことを幾度となく思い出す。
そしてそれを「改ざん」する。
都合の良いように改ざんする人もいる。
不利になるように改ざんする人もいる。
その改ざん方法を「性格」と呼ぶのでは?
色々説明がつく気がする。

真木さんは最強に愚痴が多い。
特に亡夫の悪口は止まらない。
不器量な自分のことも散々愚痴る。
だから親に可愛がられなかったと。

まあとにかく真木さんはシブトイ。

まだ色々憶えていたいのだから、
迎えに来て、という言葉とは矛盾する。
大体、人間は矛盾だらけだ。

「次回若返り注射ね。ちょっと高いけど」
「いくら?」
「800円くらい。保険効かないから」
「安いじゃないの!若返れるなら!」

全然、生きる気満々やな…

日本メディカルコーチング研究所
所長:原田文植