読書という快楽

89歳の山本さんはステーキ大好き。
杖はついているが、眼光が鋭い。
誰が見ても只者ではない雰囲気だ。
現役時代の波乱万丈な人生はドラマだ。
行きつけの本屋が同じで意気投合した。

本当に読書ばなれ?
台東区立中央図書館は大盛況だ。
椅子が悪いのにも関わらず。
いや、長居をさせないためなのかも。

診療所の待合室を見ていつも思う。
読む人は常に読んでいる。
細切れの時間、読まずにはいられない。

読書習慣のメリット?
医師の説明を理解しやすくなる。
「人を見て法を説け」という。
説明が患者さんに伝わっているか?
同じ話が通じる人と通じない人がいる。
相手によって微妙に変える必要がある。

読書習慣のある・なしと理解度。
明らかに相関関係がある。
読書している人は例外なく理解がいい。
医師の説明を正しく理解できる。
それは現代ではサバイバルにつながる。
抽象的な話が伝わるかどうか。
知識量が問題なのではない。
イメージを共有しやすいのだ。
読書経験の豊富な人ほど。

認知症予防として読書が推奨されている。
言語を映像化する。
この作業が脳に効くのだ。
読書する人の脳内で起こっていること。
無味乾燥な文字がカラフルな絵本に。
人間の能力には驚嘆するほかない。

夏休みの「課題図書」、教科書の音読。
親や教師から「させられる」読書。
読書嫌いの原因になっていた。
(マンガだけは死ぬほど読んだが…)

最近、毎日10冊近く読むようになった。
自分の読書における決め事だ。
一度で理解しようとしないこと。
著者は読書より圧倒的に知識量が多い。
一度でわかろうとする方がおこがましい。
軽々しく知識習得を目的にしないことだ。
そう決めるだけで読書は身近になる。

本を読む真の目的とは?
自分が「何を知らないのか」知ることだ。
世の中こんなに知らんことあるんや!
これが快感なのだ!

人間は「知っていること」しか読めない。
つまり「記憶」を用いて読んでいるのだ。
門外漢は専門書を絶対に理解できない。
ただし、
「無知」を知ることが目的なら読める。

次のステップ。
繰り返し読むと「視える」瞬間がある。
「なるほど!」という瞬間。
子供の感動を味わえる。
さらに快感度が増す!!

やや変態じみた告白をしてしまった。
きっとソクラテスも変態だったはずだ。
「無知の知」を楽しむ変態。

『読書で認知症を予防する秘伝』
そんな本を出そうか?
でも読書しない人の目には止まらないか…

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★この本が、あなたを変える!