ハートの火をつけて

「朝、心臓がチクっとしました」

心配性で不安症の松田さん86歳。
「今は?」
「治まってます」
これまでも散々調べた。
年齢不相応に健康体だ。
「松田さんは86歳でしょ?生まれて
今日まで何回脈打ったと思う?」
「えっ?すごい数ですよね?」
「大体ねえ…(頭で軽く暗算)…
30億回くらい」
「!(絶句)」

1分間の心拍数は大体60回程度。
1時間で大体4000回。1日10万回。
1年で4000万回。
80年で約30億回という計算になる。

休まず働き続けて30億回。
多少の誤作動はあるだろう。
そんなものは「誤差」だ。
実際、ほとんどの不整脈は無視できる。
つまり病的ではないものが大多数だ。

松田さんは驚きつつも納得した。
全然違うスケールを出すのは効く。

話はそれるが、どんな悩みでも同じ。
「誤差化」することで気にならなくなる。
「時空」を変える作戦もその一つだ。
自分の置かれてる状況は充分幸せ。
終戦直後や、ニジェールに比べれば…

「普通にしてりゃあ心臓は止まりません。
何かのきっかけで調整が狂ったとき。
それが死ぬタイミングですよ。
そこには医師でも手を出せません」

松田さんは安心したのか笑顔になった。
医師がギブアップ宣言してるのに…

日本メディカルコーチング研究所
所長:原田文植