痛くない話

早い話が「痛み」はどうにかなる!
はず…

10年以上ぶりに歯医者に行った。
放置していた。
正直怖かったのだ。
医師としてあるまじき話だ。
「痛み」を恐れていたのではない。
すごく悪くなっているのではないか?
治療にすごく時間がかかるのでは?

つまり、妄想と闘っていたのだ。
医師としてあるまじき話だ。

詰め物が取れてしまった…
一念発起し、最も近くにある歯医者に。
(実は、二か月放置)
レントゲンを撮った。
「歯周病もありません。若いですよ」
女医さんはそう言ってくれた。
「よく磨けてますよ」
褒めてくれた。
「詰め物が取れてますね」
「2か所ほど治療します」
「今日と次回で終わりです」
マジ!?

「痛み」も「皆無」だった。
医療の発達は驚愕だった。
(お前が言うか!)

「痛み」自体がストレスになる。
それが原因で癌が進行する。
さまざまな論文も出ている。

「痛み」は絶対にコントロールすべきだ。
「我慢」をしてはいけない。
それには「脳の使い方」も重要だ。
自著『病は口ぐせで治る!』にも記した。
フォーカスをずらす。
リラックスする。
「恐怖」と「痛み」を区別する。
施術側の心得ももちろん大切だ。

「少し痛いですよ」
女医さんがそう言わなかったら
もっと痛くなかったのに…
それだけが残念なところだ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

★この本が、あなたを変える!