死にません

「オシッコするとき痛いの」

3歳の娘が訴えた。
娘の排尿痛にうろたえる妻の姿。
心配そうに顔をゆがめながら報告する。

妻は医療の素人。当然のリアクションだ。
調合したクスリを塗って翌日には治った。

「絶対に不安そうな顔をしたらアカンで」
娘に対する妻の態度に対し、忠告した。
「病気になる」→「親が心配する」
この公式ができてしまうと厄介だ。

「かまってちゃん」が作られてしまう。
「病」が居心地よくなってしまう。
これは仮病などという確信犯ではない。
無意識の反応として現れる。

「病」は不安だ。不安な人はアホになる。
動揺している親もアホになる。
アホが大量生産されてしまうことになる。
(アホの意味は拙著ご参照下さい)。
[ →『病は口ぐせで治る』]
冷静になること。大丈夫と言ってあげる。
素人はそれだけでいい。
難しいと思わないこと。絶対にできる。
生き延びてきた祖先の末裔なのだから。
生命力の強さに根拠がある。
まずはそれを確信する。
その冷静さが大切なのだ。
その上で、異常事態だと感じたら?
医者などのプロに相談すればよい。

早い段階でネットへ走る?
止めといた方が無難だ。
大抵不安が増幅し、さらにアホになる。
長年ネット情報なしで生き延びてきた。

新婚当初、妻がよく風邪を引いた。
愛しい存在だから当然手厚い医療を施す。
一向に良くならない。
一週間経過した。まだグズグズしている。
ついに沸騰してしまった
「いつまで風邪引いとんねん!家でも
患者を診ないとアカンのか!」

アホになっていた。
感情的な言動に猛省している。

その後4年間、妻は一度も風邪を引かない。
多少、鼻声や咳をすることはある。
しかし、翌日には完治している。
けがの功名?

医者という職業は依存されがちだ。
「医者依存症」という病を作り得る。
医者が病を作るのでは本末転倒だ。

妻に「予防医学」を実践したのだろうか?
それとも反省が足りないのだろうか?

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

★この本が、あなたを変える!