食わない勇気

大野さん(72歳)は施設に入所している。
脳卒中後遺症で左半身麻痺。
何年も車椅子生活を送っている。

「飯が食えねえんだよ」
ほぼ口ぐせのように毎回苦情を言う。

「食べたいの?」
「食べたいよ。
だけど喉を通っていかないんだよ」

実は2年間くらいこんな感じだ。
多分施設のご飯が美味しくないのだ。

「食べんでいいよ」
「えッ?」
「食べなくていいよ」
「食べなきゃ死ぬだろ?」
「生きてるやん」

大野さんは重度の糖尿病だった。
今は治っている。
食べないからだ。
血圧も下がっている。
食べないからだ。
イライラは増えている。
食べないからだ。

食べないと言いながらも
栄養状態は悪くない。
定期的に採血している。
最低限は食っているのだ。

どうせ食わない。
それなら「食わなきゃ」という
ストレスがない方が良い。

食べないと元気が出ない。
それもある種の洗脳だ。
大野さんの世代は食えなかった時代だ。
食べることは幸せの証だ。
脱洗脳は容易ではない。

「前より健康になってることが証拠よ。
タモリもほとんど食わないらしいよ。
今日も最低限の殺生ですんだ。
これで行こう」

有名人の権威を借りることにした。

「先生にはかなわねえなあ。
痛み止め出しといてね」
大野さんは苦笑いをしていた。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★この本が、あなたを変える!