おもひでぽろぽろ

「最近また眠れなくなっている」
前田さん(78歳)は言った。
往診時、前田さんの表情は硬かった。
肉体の不調という感じではない。
憔悴し切っている印象だった。
夫の一周忌が間近に迫っているらしい。
最近、毎晩夫の記憶に苛まれている。
出てくるのは辛い記憶ばかり。
叱られたことや怒鳴られたこと。
中華料理人だった夫は厳しかった。
前田さんは従順で真面目な人だ。
職人で遊び人の夫に尽くしていた。
夫亡き後、引っ越し、明るく過ごしていた。
一周忌が近づき、「陰」に入ってしまった。
思い出の中の「陰」の部分が照らされたのだ。

この状態はあまりよくない。
思い出すクセがついている。
思い出す度に記憶は強固になってしまう。
早急に方向を変える必要がある。
息子の妻に提案した。
寝るときに落語CDを流すように。
江戸時代に向かってもらおう。

次の往診先は牧野さん92歳。
こちらも未亡人だが対照的だ。
牧野さんの夫は多くの文章を残した。
妻と交わした書簡も大量に存在する。
「大義」に生きた夫だったそうだ。
物理的な存在として夫はいない。
しかし、夫は生きている。
夫の遺した大量の「文章」の中で…
毎晩その文章と対峙して安眠する。
牧野さん曰く
「眠り過ぎるほど眠れる」

歳を重ねる。
「思い出」を放置すると
暗い方向へ向かう人が多いようだ。
人間は失敗から学習する。
学習能力のせいかも知れない。
そして自ら「妄想」を統合してしまう。
暗い妄想から逃れるには?
文章でも、物語を聴くのでもいい。
「視点」をどこか全然別の場所へ
固定することが有効なのでは?
前田さんの夫の「文」は残っていない。
残念ながら…

市原悦子さんが亡くなった。
「まんが日本昔ばなし」で育った世代だ。
市原さんの声は今でも鮮明に聴こえる。
そうだ!安眠に効くかもしれない。
次回前田さんに勧めてみよう。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★言葉は、身体のコントローラー。