遠隔旅行で会いたい人に会える?

患者さんの家には仏壇が多い

往診に行ったらとりあえず線香をあげる。
そして手を合わせ、しばし瞑想。
それから患者さんの診療をする。
仏壇という概念は仏教にはないはずだ。
儒教と融合してできた文化と思われる。

“The Path”という本の中からの引用だ。
儒教では先祖を敬う儀式をする。
儀式では「~かのようにふるまうこと」
が大切なのだそうだ。
全員が「別の状態に」移ること。
「代替現実」の大切さが強調される。
それが「礼」なのだそうだ。
ハーバードでは東洋哲学がブームらしい。
仏教と儒教が融合したのと同じように、
新自由主義と東洋哲学が融合する日が
くるような気がする。
医学も西洋的やり方だけでは頭打ちだ。

「遠隔旅行」という商品にはたまげた!
AR(仮想現実)を使って旅行をする。
JTBが出した移動しない旅行…
脳ってスゴイと思う。

仏壇というのもARだ。
先祖がそこにいるかのように皆が演じる。
今ここにいる人間関係に役立つらしい。

仏壇の主も元往診患者さんだ。
マンドリンの名手だった。
今往診しているのは奥さんだ。
仏壇の蘊蓄(うんちく)を少し話し、
仏壇の主をしばし悼んだ。
「ここにいてマンドリンを弾いている」
かのように。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!