死ぬ病院

あそこに入院すると死ぬから嫌だ。

口コミは怖いなと思う。
患者の多い大病院の宿命でもある。

重症患者さんを受け入れてくれる病院。
医療機関には役割分担がある。
特殊な治療や検査が必要な患者さん。
大病院に紹介することになる。
受けてくれると本当に助かる。
だから冒頭の言葉は悲しくなる。

生還している人もたくさんいる。
生還した患者さんはまたその病院に行く。
死ぬまで通い続けるかもしれない。
「やっぱりあそこに入院すると死ぬ」
それは「酷」というものだろう。

大学病院で働く同窓の話だ。
難治性のガン治療を専門にしている。
大勢の患者さんがお亡くなりになる。

医師は皆、病を治したい。
患者さんの喜ぶ顔が見たい。

誰かがその役目を引き受ける必要がある。
死にゆく患者さんに寄り添う役目を。
そこで働く友人医師を誇らしく思う。

医師がいなければ人は死ねないのだ。
現行の法律では…

あの病院に行くと死ぬ。
なんて言わないでほしい。
医師のためにも…
自分のためにも…

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★言葉は、身体のコントローラー。