ラブストーリーは突然に

横川さん(68歳)は文句が多い。
夫の悪口を言いまくっていた。
その夫が昨年亡くなった。
その後うつ状態になっている。
不定愁訴の嵐。
ドクターショッピングもしている。
だからウチではクスリを出さない。
話だけ聴いている状態だ。
今日も「足が痛い」と言ってきた。
横川さんは知っている。
どうせクスリ出してもらえない。
自ら診断をし、治療し、自然治癒した。

横川さんに助言をした。
「オッチャン探したら?若いんだし。
できたら困ってそうなオッチャンを」
横川さんはポッと赤くなった。
たたみかけた。
「オッチャンの話聴いたげたら?
私もそうそうとか共感したげて。
みな同じなんやって楽になるかも」
「ストーカーされるのよね、私」
椅子からスベリかけた。
とにかく満足顔で退室した。

次に入ってきた荒谷さんは75歳。
荒谷さんも昨年妻が急死した。
身の周りのことは全て自分でやっている。
不思議だ。
妻を喪ってから劇的に糖尿が良くなった。
こういうケースもしばしば見かける。

荒谷さんが退室間際に言った。
「今さっきの横川さんいるでしょ。
一緒にカラオケ行ってるんだよ。
あの子も色々問題多いからさあ。
話聴いてあげてるんだよ」

ホンマに椅子からスベリ落ちた。

人間って逞しいなと思う。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!