好きこそものの上手なれ

「何の仕事をされているのですか?」
「医者です」
「そうですか。最近減ってますよね。
それはそれは…」
と何とも違和感のある返答。
それからお墓の話が始まった。
「あのう、何の話をされてますか?」
とおそるおそる訊いてみた。
どうも「石屋」と思われたようだ。

話の相手はお寺の住職。
だからこその聞き間違いだ。

興味ある情報が集まるということだ。

安くて美味しい居酒屋がある。
そこのマスターと「休日」の話になった。
日曜日も料理のことばっかり考えている。
だから実質「休日」はないとのこと。
自分も同じ感じなので意気投合した。
「この食材はどう料理しようか?」
「これとこれを合わせれば?」
四六時中料理のことを考えているそうだ。
高くないお店だ。
採算が合わない発想がわんさか湧く。
ボツになったアイデアだらけだ。
お蔵入りになっている料理たち。
実に食べてみたいものだ…

「好きこそものの上手なれ」

「あなたにとって野球とは?」
と訊かれた野村克也さんの答えだ。

「好き」じゃないことはやるな。
常に自分に語りかけている。
特に仕事と趣味・娯楽は。
趣味まで義務的にやっている人がいる。
理解不能だ。
時間がもったいないのでは?

絶対に「好き」な職業を選ぶべきだ。
「社会」と関わって「対価」をもらう。
「好き」でないことをされたら迷惑だ。
仕事は大抵長い年月関わることになる。
好きでないことを継続すれば病気になる。
つまり「好き」でない仕事は自傷行為だ。

「好き」なことは四六時中考える。
いや、考えてしまう。
「無意識」も動員される。
好きだからこそ、情報は無限に集まる。
当然、「労働生産性」も上がるはず。

好きなことしかやらない。
好きな人としか会わない。
好きな場所にしか行かない。
そう決めたんだから仕方がない。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植