ラスベガス進出 その2

岡田さんがハワイから帰国した。
78歳手品名人の岡田さんだ。
「土産ってほどでもないんですがね」
とDVD2枚持ってきてくれた。
こないだ出演した舞台のDVDを2枚も!

迷惑…いや、ありがたいことだ。
日本舞踊も披露しているそうだ。
「是非、観て、批評して下さい。
そうでなけりゃ上手くなりませんから」
「僕に批評されても仕方ないでしょ。
ラスベガスでしょ、ラスベガス!」
逃げの一手だ。
ダジャレ名人でもある岡田さん。
ラスベガスをもじって何か言っていた。
オモシロくない・・・
どんなダジャレか忘れた。
受け流し、話を進めた。
「戦争中に産まれた岡田さんがハワイへ。
真珠湾攻撃をしたハワイへ行く。
凄いことですよ。
ハワイも結構遠いよ。
何で行けると思います?
みんなが行ってるからですよ。
だから行ってもいいんだと思うんですよ。
病もおんなじ。
治っていいんだと思えるかどうか。
だからラスベガスで手品を!」
かなり飛躍した話をした。

「先生にはかなわねえなあ」
とこれまた同じリアクション。

脳内で散々「糖」を消費しているはずだ。
好きなコトを楽しんでやっている毎日。
素晴らしい!
次回の採血結果が楽しみだ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★言葉は、身体のコントローラー