知識とリスク

「夫がダメだって。手術を許してくれない」

77歳の大森さんは嘆いた。
大森さんは長年両膝の痛みが強い。
両膝の変形がすさまじい。
整形外科では常に手術を勧められている。
今回手術を決断した。
しかし夫からダメと言われたそうだ。
理由?
夫の世話をしないといけない・・・

タメ息が出た。
自分のことでしょ。自分で決定してよ。

中学生が繁華街で遊びたい。
「映画観に行こうぜ!」
同級生を誘う。
断られる。
「お母ちゃんがアカンってゆうてるねん」
それと変わらんよ。77歳!

自分で決定できない高齢女性は多い。
年老いたダンナのどこが怖いのか?
というより「刷り込み」が強いのだろう。

なるほど日本の男女平等度は110位だ。

夫とも対等以上にやり合う高齢女性もいる。
よくよく聴いてみると女学校出身だ。

「教育」って大きいなあと思う。

大森さんに足りないものは何か?
「知識」をつける機会だと思う。
偏見や先入観が機会を妨害した。
「オンナが勉強してどうする?」

「リスクは知識に反比例する」
アーヴィングフィッシャーの言葉だ。

知識不足が身の危険を招く。
大森さんはまさにそのケースだ。
もうしばらく説得し続けよう。

昨年少々話題になった論文だ。
「女性医師の方が患者の寿命が長い」
理由は?
女性はマニュアルどおりに医療をするから。
女性は概して真面目で遵法精神が強い。
女性の繊細さに知識が加わる。
「鬼に金棒」なのだろう。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!