空手キッド

岡田さん(78歳)は病院ギライだ。
来院するのはほぼ花粉症と健診のみ。

今回の健診データが劇的に改善していた。
「毎朝30分やってるんです」

患者さんに助言をする。
もちろん大きな方針はある。
データに基づく根拠のある方針だ。
しかし、個別の助言はアドリブだ。
だから一年前の助言は忘れた…

「続けはったんですね!素晴らしい!」
罪悪感を感じさせない返答だ。

目の前で「突き」をする姿で思い出した!
空手をやっていたんだった!

せっかくだし、毎朝「型」をやったら?
そんな助言をしたかもしれない。

岡田さんは大学で2年稽古をした。
そして「初段」を取得した。
ブラジルで師範として働きたい!
師匠にそう申し出て叱られたそうだ。
「まだ早い!」

妻に言わせると
「なんて図々しい!」
だそうだ。

岡田さんは職業的にも成功している。
冒頭に書いた通り健康でもある。
「考え方」に秘訣があるのではないか?

源流を探ってみた。

会津の農家の8人兄弟の5番目だそうだ。
食べ物にも困らなかった。
当時としては珍しい。
自称「田舎のボンボン」だった。

子供の頃の親兄弟の影響は強い。
すぐに
「無理だよ」「止めときな」
夢や行動を否定されてしまいがちだ。
そういう制約がなかったのではないか?
家族構成、時代、地域性、満腹…
そんな風に推察した。
自由な発想が育まれたのかもしれない。
そして何より「素直さ」が。

岡田さんが通うスナックのママの証言。
メチャクチャ歌が上手いそうだ!

歌が上手い人はゴマンといる。
百戦錬磨のママの証言が重いのだ。

岡田さんの引き出しはまだまだ深そうだ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★この本が、あなたを変える!