方言と感染力

「先生は関西弁が出ないねえ」
と高齢の患者さんに言われる。
隣にいるナースはずっこける。
どこがやねん!
という内心のツッコミとともに…

東京に出てきて15年になろうとしている。
方言のまま外来診療を行っている。
下町での診療中に別段困ったことはない。
患者さんの中に好き嫌いはあるだろうが。

患者さんに関西弁がうつることがある。
女性の患者さんの方が圧倒的に多い。
女性の社交性?適応能力の高さ?
語学習得能力とも関係がありそうだ。
実際、通訳や翻訳の職業は女性が多い。

大勢の音楽仲間と付き合っていて思う。
バンドマンも関西弁がうつる人が多い!
もちろん関西圏出身ではない人たちだ。

妻は神戸出身だ。
当然、私と話すときは関西弁だ。
しかし、普段はかなり上手な標準語だ。
在京大学出身だからかもしれない。
バイリンガルの如く使いこなしている。

山北君は大阪出身のプロドラマーだ。
彼も東京生活が長いので標準語の達人だ。
大阪出身の私と話すときは関西弁。
彼もバイリンガルの如く使いこなす。

驚きの光景を目にした。
山北君と妻が標準語で会話しているのだ!
どちらからともなくそうなっていたのだ!
ジャンケンの如き三角関係は不思議だ。

女性とミュージシャンに共通する感覚?
言語にも感染力があるのか?
社交力と言語習得力。
内容とそれが乗っかる音声。
語学習得のヒントがあるかもしれない。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する