医者の下ネタ

「嫌い」という言葉が嫌いだ。

大抵のことはそこまで嫌わなくていい。
ひとたび「嫌い」と発する。
すると心底「嫌い」になってしまう。
周辺情報が集まるからだろう。
「嫌い」をどんどん追認するようになる。

「年齢相応」という言葉が「嫌い」だ。
年々どんどん嫌いになっていく…

周囲に音楽をやっている人が多い。
バンドマンの特徴は?
少年時代の感動をキープしている。
人を笑わせるのが好きだ。
そして「オンナ好きのホモ」だ。
つまり「人間愛」の強い人々だ。
ある年齢で止まっている感じだ。
だから「年齢」というタイトルは不要だ。
バンドマン同士はタメ口が多い。
プレイへの敬意が伝わっているからだ。

何の話がしたかったのだろうか?
「過活動膀胱による頻尿」の問題だ。
常識的には「加齢による変化」だ。
しかし「老化」なのか?

あえて年齢相応の「知恵」と考えたい。
赤ん坊は所かまわず排泄する。
大人はそういうわけにはいかない。
何で?
ルール?羞恥心?社会迷惑?
ぜんぶ「社会的理由」だ。
「シモ」の失敗体験はみな持っている。
医者は一般人以上によく知っている。
医者には告白してくれるからだ。
社会的理由を優先するのがオトナだ。
そのことが「病」や「悩み」になる?
迷惑をかけたくないという心由来だ。
「配慮」という心は進化の賜物だ!

ローリング・ストーンズをご存知か?
結成55年の超大御所バンドだ。
世界ツアーは常に満員。
ステージで飛び回る姿は少年のままだ。
でも…
ヴォーカルのミックジャガー以外は…
全員「オムツ」なのだそうだ。

全然オーケー!
社会的にカッコよければ良いのだ!

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!