備えあれば患いなし

岩本さん(81歳)は昨年妻を亡くした。

岩本さんは夫婦で居酒屋を経営していた。
妻が30年前脳卒中を起こした。
それ以来、妻は車いすだった。
岩本さんは厨房を使って調理していた。
岩本さんが介助し、妻に食べさせていた。

岩本さんは昔、「ワル」だったらしい。
よく飲み、よく遊び、妻に苦労をかけた。
介護は罪滅ぼしだと言っていた。
妻の介護は30年にのぼった。
その間一滴も酒を口にしていない。

岩本さん本人も大病を患っている。
喉頭がんで声帯摘出している。
食道発声だが、しっかりしゃべっている。
6年前食道がんになったときは覚悟した。
しかし、不屈だ。食道がんも克服した。
術後6年無事に過ごした。
東大病院で卒業証書をもらった。
その矢先に妻が突然亡くなった。

近隣は岩本さんの今後を心配した。
果たして独居生活に堪えられるか?

杞憂だった。
元気にニコニコ過ごしている。
岩本さんはウチの子も可愛がってくれる。
ウチの妻も岩崎さんの大ファンだ。

今日外来を受診してきた。
「大丈夫?寂しくない?」
と訊いたら、
「毎日線香を20本つけている」
と答えた。
煙の香りに妻を感じ続けているのだろう。

実はこのようなケースは少なくない。
生前しっかり伴侶を思いやる。
悔いがないのだろう。
伴侶を失っても元気に過ごしている。
仲睦まじい夫婦ほど杞憂となる。
こちらの心配が。
逆に生前伴侶に罵詈雑言し、愚痴ばかり、
そういう人の方が鬱になりやすい。

生きている間に供養しよう。
今朝のブログに書いた。
「供養」の語源はサンスクリット語だ。
本来「尊敬」という意味だそうだ。
日本に伝来し「死者を弔う」という
意味になった。

自戒を込めて繰り返す。
死んでからでは遅いのだ。
生きている間に供養しようと思う。

日本メディカルコーチング研究所
所長:原田文植