心中手前みそ

「まさかおばあちゃんのお母さんになるとは思わなかったわ」
とても「粋(いき)」な表現だと感じた。

そんな粋な言葉を発していた兼田さん(仮名、84歳、女性)は最近元気がない。少しうつ気味だ。
今日も「いっつもフラフラしてる。もう死んでもいいわ、って思っちゃう」
と言っていた。

「一緒に死んだげよか」
と応えると、満面の笑顔で
「まあ嬉しいこと言ってくれるわね」
何とか気持ちを切り替えられたようだ。

この程度の「抑うつ」なら大抵何とかなる。
まずは、笑わせる。次に、患者さんが一番「楽しい」と思っていることを話すように誘導する。

兼田さんの夢中は「ひ孫」だ。雑誌のモデルもしている超美形の乳児だ。
赤ちゃんの話をふると、
「そうなのよ。孫がまた可愛いアルバムを送ってくれたのよ」

兼田さんは独居だ。それほど可愛くて仕方がないひ孫だが頻繁に会えるわけではない。
孫やひ孫が来てくれたときは、確かに楽しい。しかし、帰った後の「落差」が激しい。
「祭りのあと」の空虚な孤独感はとてもよくわかる。

「ウチの子も見てよ。兼田さんとこほど美形ではないけどね」
とスマホの待ち受けを見せた。
「産まれたの!可愛いわあ。毎日楽しくてしょうがないでしょう」
写真を見ながら、笑顔で訊いてきた。
「あっ、ごめん。この子らがいるから、まだ兼田さんと一緒に死なれへんわ。ところで、ひ孫さんの写真は?」
と言ったら
「今日持ってきてないのよ。次回持ってくるわ」
と約束してくれた。

「不思議だわ。何かすっきりした」
ニコニコ診察室をあとにした。投薬もせずにめでたく診療終了。

「何とかしてくれるはず」と確信して来てくれる患者さんは大体何とかなるものだ。

 

日本メディカルコーチング研究所
よろず相談所 ONE LOVE
所長: 原田文植

★この本が、あなたを変える!