ハードボイルド

森田さん(仮名、79歳、男性)は前立腺がんでホルモン治療中だ。
「最近乳首が痛い」
ホルモン療法をすると乳房が女性のようになる。
下着で擦れるそうだ。

話は変わるが、後輩が高校時代にマラソン大会に出場したそうだ。
必死で完走したとき、歓喜につつまれると思いきや、
爆笑されたそうだ。
走っている最中に乳首が擦れて、その部位だけが真っ赤に
染まっていたそうだ。
思春期にはそういうことがある。

最近は男性用のブラジャーもあるらしい。
一応提案してみた。
「ブラジャーゆう手もありますよ」
案の定、森田さんは絶句していた。
森田さんの年齢の「常識」からするとありえないと思う。
ところで「常識」についてふと思った。
森田さんの年齢でホルモン療法してること自体も
以前の感覚からすると非常識かもしれない。
「機能性」を重視すれば、ブラジャーもありだ。
「武士は食わねど高楊枝」の「やせ我慢精神」からすれば、
到底ブラジャーはできないだろう。

「ハードボイルド」は「やせ我慢」と訳されるらしい。
ハードボイルドが好まれる時代ではなくなってきている気がする。
ブラジャーを受け入れる男性がたくさん現れる日も
そう遠い先の話ではないかもしれない。

日本メディカルコーチング研究所
よろず相談所 One Love
所長: 原田文植

 

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する