情報発信してナンボ

早い話が「情報発信してナンボ」だ。

「歩かなくなったのよねえ」
谷山さん(71歳)は膝が芳しくない。
それは数年前から続いている。
痛いながらも歩いていた。

「目的が先ですよ」
いつものように助言した。
谷山さんは俳句、絵画、カラオケなど
多趣味な人だ。用事に事欠かない。
「俳句の先生が死んじゃったのよ」
残念そうに言った。

厳しい俳句の先生だったそうだ。
毎回10句作る宿題が出される。
ネタを探さないといけない。
外に出ざるを得なかったそうだ。
蝉の亡骸がある。
「使えるのでは!」
きれいな梅の花を見つけた。
「これで句を読もう!」
てな具合。

先生が亡くなって、動機を失った。
外出機会がめっきり減ってしまった。

ブログを毎日書こうと決める。
ネタ探しをしている自分に気づく。
「ネタありき」ではないのだ。
「情報発信」ありきなのだ。

日常は宝の山になる。
外に出て、歩きたくなる。

谷山さんに
「俳句の先生になりましょう!」
と助言しておいた。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!