ユカタン半島(最終話)

最終日の朝が来た。
ウェイトレスが誘導してくれる席。
もはや「指定席」と化している。
サンライズが一番よく見える席だ。
今朝は何と
「シャンペーン?」
と聞いてきてくれた!
最終日の朝と知ってるのか?
贅沢で粋なサービスやな!
と期待して待っていると
「すみません。ありません」
何じゃそりゃ!

午前中にがっつり土産も買い占めた。
予算オーバーしたがイイ感じで買えた。
酒飲みの友人たちにはテキーラ。
カッコいいボトルに一目で惚れた。
6本購入。これ以上はさすがに重い。
それに割れるのも怖い。
韓国で購入した眞露で苦い経験がある。

真夜中のフライトまで残り13時間。
パッキングも完璧。
プールサイドで最後のリラックス。
現地の音楽をバックにゆったり過ごした。

最後の晩餐もホテル内で簡単に済ませた。
今回気づいた。
グルメな気持ちが全くなくなっている!
いいことかどうかは知らないが・・・
現地で Facebook を確認する。
日本人はグルメが多いな。
いや、多すぎる気がする。

最後の挨拶をしにビーチへ。
カリブ海ともしばしのお別れだ。
まさに星降らんばかりの満天!
この星空だけでも来た甲斐があった。
波音と星のオーケストラだった。

夜中3時チェックアウト。
フロントに感謝の意を告げた。
「ほぼ全部素晴らしかった。
残念なのは「SAMURAI」だけ。
助言できると思う。興味があればここに」
アドレス入りの名刺を渡しておいた。
「ご縁」はあなどれない。

空港までのタクシー。
運転手は飛ばす飛ばす。
こんなに飛ばしながら携帯は止めてくれ!
冷や汗をかきながら空港に着いた。

チェックインでまさかの荷重オーバー!
急いで、手荷物に移動だ。
お土産袋を一つ取り出した。
テキーラが入っていない方の鞄を出した。
(しゃあない。こっちは機内持ち込みや)

思い込みってこわいなあ。
セキュリティで6本没収された・・・
6人分の土産が減ってしまった。
空港職員は1本だけ目こぼししてくれた。
目でサインを送ってくれた。
(かまへん。黙って持って帰れ!)
グラシアス、アミーゴ!
でもね、直行便じゃないんだよ。
アトランタでトランジットなんよ。
だからそこで結局没収されるんよ・・・

アクシデントはまだ続く!
何とオーバーブッキング!
こんなこと、まだこの時代にあるの?
ネット予約の時代だからこそ、か?
相手方はカップルでこっちは単身。
結局アップグレードされた席に移動。
ラッキー!
アトランタまでの2時間は快適だった。

アトランタからは13時間。
日中の日焼けが効いたのか。
これまでになく眠ることができた。
隣人はチリ帰りの好青年だった。
それぞれの旅の話でしばし談笑。
ノンアルコールであっという間に到着。

案の定なかなか出てこないスーツケース。
トイレに行き、洗面と着替えを済ます。
日本の空港はどこもピカピカだ。
世界中から来たがるはずだ。

義姉の家で1週間ぶりに子供たちと再会。
子供の成長は早い!
次は一緒に行こうな。
固く約束するのであった。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

★言葉は、身体のコントローラー。