だれのために治るの?

違うよ。オレのために治るんよ!

高田さん(40歳)は返事だけはいい。
中華料理店で働く姿は真面目そのものだ。
「まかない三昧」で生活習慣病の宝庫。
酒とジャンクフードも大好きだ。
それが最近少し変化し出した。
あの手この手の説得が通じ始めた。
お陰で今回数値が少し改善した。
「ほら、成果出てるやん!」
と褒め称えてあげた。
すると
「自分のためですもんね!」
と言ってきたので冒頭の言葉をかけた。

「オレのためによくなってもらわんと。
君がよくなってくれればオレが自信つく。
医師が自信出ると他の患者も良くなる。
他の患者もその家族も喜ぶことになる。
でしょ?皆のためにも役立つんよ。
オレが機嫌よくなればオレの家族も喜ぶ。
君の改善は世界平和につながるんよ」

どんな行為でもそうなのだ。
「自分だけ」のためなどあり得ない。

「子供の教育」もそう。
誰のために学ぶ(学ばせる)のか?
自分のため?
絶対に違う。
自分を除く他者のために学ぶのだ。
自分だけの学びはただの趣味だ。

病を克服するのも同じ。
「世の中のために治るのだ」
保険医療制度下では当然の話だ。
そして、何より先人たちの治癒が医師を
成長させてきたのだ。
次の患者さんの治療につながるのだ。

アナタが治癒する。
それだけで大変な世界貢献なのだ。

主治医を名医にしてあげて下さい。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!