愚痴る人生時間はおいくら?

もうだめよ。本当に自信がなくなったわ。

井上さんは79歳の女性。
2週間前にインフルエンザにかかった。
日曜日に発症し、他院を受診した。

今は?
完治している。

「とにかく節々が痛くて痛くて。
39度も出たから何も覚えていない。
本当に死ぬかと思った」 

意識がもうろうとしていたそうだ。
久々に高熱が出るとそんなこともある。

「今は治ってるんでしょ?」
うなづく伊藤さん。
「だってどれだけ節々痛かったか。
覚えてないのよ、ぼうっとしてて」
少々不機嫌だ。
もっと同情してくれてもいいでしょ!
と顔に書いてある。

なぜ覚えているのだろうか?
「記憶」という機能の不思議だ。
今、井上さんは何を語っているのか?

「それも忘れたら?」
顔に「?」が浮かんでいる井上さん。
「3日間熱が出たこと。
節々が痛かったこと。
その思い出全部忘れたらどう?」
それでもまだ「?」な井上さん。
「3日間ぼうっとしてたんでしょ?
覚えていないんでしょ?
でもそうだったことは覚えてるんでしょ?
そっちも忘れてしまえばええじゃない」

ようやく笑った井上さん。
まあ苦笑いだが・・・

思い出は「改ざん」できる。
逆に改ざんせずに思い出は構築できない。
改ざんした上で何度も思い出す。
いかに「しんどかったか」を思い出す。
わざわざ「よりしんどく」思い出す。
それが「真実」となる。
オモシロくないことを追体験しまくる。
人生はそんなにヒマなのか?
人生はそれほど長いのか?
井上さんに残された時間は約7年だ。
統計的には・・・

物忘れが激しくて悩む人は多い。
いらんことを忘れる能力を身につけたい。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!